2018年07月14日

絵話塾イラストベーシックコース1期生によるグループ展「旅のカケラ」は明日15日(日)18時まで

昨年の春に絵話塾イラストベーシックコース第1期を卒業した11名と、特別出品として講師のイスイマサノリさんが参加したグループ展「旅のカケラ」は、メンバーが時間を掛けて準備した力作揃い。皆さんがモチベーションを上げて切磋琢磨しながら楽しんで制作したのが伺える、良い展示になっています。

<出品作家> あだにや なおこ・太田 幸江・木村 寿美恵・kimumachi・千絵ちゃん。・西田 和子・HIRO.M・minmin・ゆん・吉野 花・ヨーコ
<特別出品> イヌイマサノリ(イラストベーシックコース1・2期担当講師)

tabi001.jpg

数が多いため、今回は概要だけご紹介して後ほど少し画像を追加したいと思います。
まずは、全体がどんな様子かご覧ください。

tabi002.jpg
エレべーターホールから中を見たところ

tabi003.jpg 前室の展示です

tabi004.jpg DMになった全体作品
全員のキャラクターが舟に乗って旅に出るところです。

「私たちは、どこにでも行くことができる。空想・記憶・リアルな旅。
11人の想い描く、さまざまな旅のカケラを集めました。」

では室内を見て行きましょう。

tabi005.jpg 入口から奧を見たところ

tabi006jpg.jpg 山側の壁です

tabi007.jpg 奧と、海側の壁です

tabi008.jpg 海側の続きと、入口横の壁です

tabi009.jpg
山側の壁には各自が旅をテーマに描いた作品が並びます

tabi010.jpg まずはイヌイ先生の作品
『Thenjourney is in our image.』

tabi011.jpg ゆん さんの作品
『気球に乗ってどこまでも』『僕はここにいるよ』

tabi012.jpg 千絵ちゃん。の作品
『砂漠の民』

tabi013.jpg 木村寿美恵さんの作品
上『水の都ベネチア』、下『真実の口』

tabi014.jpg あだにやなおこ さんの作品
『あなごろけっと、世界をめぐる』

tabi015.jpg 吉野花さんの作品
『Miyajima』

tabi016.jpg minminさんの作品
右上『みつけたよ。』、左下『旅猫七人衆』

tabi017.jpg kimumachiさんの作品
『せとうち乙女と水平線 T』『せとうち乙女と水平線 U』

tabi018.jpg 太田幸江さんの作品
『タイのコムローイ祭り』

tabi019.jpg ヨーコさんの作品
『カロリーヌ絵本の世界を旅する』

tabi020.jpg 西田和子さんの作品
『Can not be helped if fate <運命なら仕方ない>』

tabi021.jpg HIRO.M さんの作品
『タビニデヨウ』

それでは各自のコーナーを見て行きましょう。

tabi022.jpg あだにやなおこ さんのコーナー

tabi023.jpg 千絵ちゃん。さんのコーナー

tabi026.jpg ゆん さんのコーナー

tabi027.jpg minminさんのコーナー

tabi028.jpg 木村寿美恵さんのコーナー

tabi029.jpg ヨーコさんのコーナー

tabi024.jpg HIRO.Mさんのコーナー

tabi025.jpg 太田幸江さんのコーナー

tabi030.jpg 吉野花さんのコーナー

tabi031.jpg kimumachiさんのコーナー

tabi032.jpg 西田和子さんのコーナー

本日はここまでです。後日また個々の作品をご紹介します。

絵話塾イラストベーシックコース1期生によるグループ展「旅のカケラ」は明日15日(日)18時までです。どうぞお見逃しなく!!!





posted by STAFF1号 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展

2018年06月24日

「七人のシメオン」大畑いくの絵本原画展+作品展、盛況です!

先週の水曜日(13日)から開催しております大畑いくのさんの「七人のシメオン」絵本原画展+作品展。梅雨真っ只中ですが今日はいいお天気で、大勢のお客様が来てくださっています。

simeon04.jpg

『七人のシメオン』は神戸にあるBL出版の「世界のむかしばなし」絵本シリーズの一冊で、ロシアに伝わるむかしばなしです。スズキコージさんの奥様として何かとご縁が深い大畑さんの、Vieでは初めての作品展になります。
今回は油彩で描かれた絵本の原画22点と、他の作品20数点を展示しています。
それでは展示の様子を見ていきましょう。※価格は全て税抜きで表示しております

simeon01.jpg
エレベーターホールから中を見たところ

simeon02.jpg 前室の展示です

simeon03.jpg 「むかしばなし」(¥200,000)

simeon05.jpg 入口から中を見たところ

simeon06.jpg 山側の壁です

simeon07.jpg 奧と、海側の壁です

simeon08.jpg 海側の続きと、入口周りの壁です

では、入口から時計回りに見ていきましょう。

simeon09.jpg 「まつぼっくり」(¥25,000)

simeon11.jpg 山側の壁全体です

simeon10.jpg 表紙の絵です

「顔も せたけも 名前もおなじ でも、それぞれが ちがうわざをもつ七人兄弟が
 王さまの めいれいで うつくしい エレーナ姫を たずねることに…」

simeon12.jpg simeon13.jpg

simeon23.jpg 末っ子が笛を吹くシーン

simeon14.jpg simeon15.jpg simeon16.jpg simeon17.jpg simeon18.jpg simeon19.jpg

simeon30.jpg 姫が末っ子を追いかけます

simeon25.jpg 末っ子と姫がだんだん仲良く…

simeon19.jpg simeon20.jpg

simeon21.jpg simeon22.jpg simeon38.jpg せいだいな結婚式のラストシーン

楽しいお話でしたね。それでは続いて原画以外の作品を見て行きましょう。

simeon46.jpg 星座などの絵です

simeon47.jpg 「ぶどう」(¥30,000)

simeon51.jpg simeon52.jpgsimeon48.jpg simeon50.jpg simeon49.jpg 星座シリーズ 各¥12,000

simeon36.jpg さまざまな大きさの作品

simeon45.jpg 「女の子」(¥50,000)
simeon42.jpg 「会議」(¥35,000)
simeon41.jpg 「くま」(¥13,000)
simeon39.jpg「オオカミ」(¥40,000)
simeon40.jpg simeon33.jpg
「女の人」(¥13,000)/「ふえふき」(¥50,000)

海側と入口横の壁の角には、マトリョーシカとお人形があります。

simeon32.jpg

入口横の壁です。

simeon24.jpg 絵本も販売しています

simeon29.jpg また別のロシアの昔話の絵
「どこかしらんがそこへいけ なにかしらんがそれをとってこい」(¥70,000)

simeon28.jpg simeon27.jpg
「ドラゴン」(¥13,000)/「仕度」(¥100,000)
simeon26.jpg simeon37.jpg
「ニゲラ」(売約済)/ 牛乳パックで作った演出用の装飾

作品は以上です。続いて絵本を紹介します。

simeon53.jpg
『七人のシメオン』(文・田中友子 税込 ¥1,728 BL出版)
simeon54.jpg
『ふどうぼう』(文・林家たい平 税込 ¥1,620 あかね書房)/『ゆうれいのまち』(文・恒川光太郎、税込 ¥1,620 岩崎書店)
simeon61.jpg
『天の岩屋〜アマテラスとスサノオ』(監修・三浦佑之、文・萩原規子、税込 ¥1,728 小学館)/『土神ときつね』(文・宮沢賢治、税込 ¥1,620 ミキハウス)

いくのさんはほぼ毎日午後3時〜6時頃在廊しておられます。
この展示は6月30日(土)の午後6時まで。どうぞお見逃しのないようお願いします。

posted by STAFF1号 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展

2018年06月09日

アスカさんの個展「BLANK IN THE BLANK」は、明日10日(日)の18時までです

開催中のアスカさんの個展「BLANK IN THE BLANK」、毎日彼女の絵が好きなお客様が見に来て下さっています。
アスカさんの作品は色鉛筆画。2010年、最初にVieで行ってくれた二人展の時は小学生が使うような12色入りのものを使っていたそうですが、今やグレートーンだけで8段階もあるというホルベイン社の製品を駆使して、独自の世界を構築しておられます。
綺麗な色使いで女の子と動物たちが多く描かれているので一見ガーリーでキュートなのに、良く見ると結構毒を含んだアスカさんの作品は女性ファンが多く、毎回会場は華やかなムードに染まります。
今回のテーマ「BLANK IN THE BLANK」は前回の「FILL IN THE BLANK」を受けて、色鉛筆画でどうしても出来てしまう余白を前回は満たせたと思ったけれど、やっぱり満たせなかったという意味があるのだそうです。

2018aska09.jpg

それでは会場の様子を見ていきましょう。

2018aska01.jpg
エレベーターホールから中を見たところ

2018aska02.jpg 前室にある作品『トゲごと愛して』

2018aska04.jpg お花もたくさん届いています

室内はこんな感じです。

2018aska03.jpg 入口から奥を見たところ

2018aska06.jpg 山側の壁です

2018aska07.jpg 奧と、海側の壁です

2018aska08.jpg 海側の続きと、入口横の壁です

それでは山側の壁から時計回りに詳しく見て行きましょう。

2018aska05.jpg 『ゴースト イン マスカレード』
おばけに扮したいろんな動物が一斉にジャンプをしているところです。

2018aska10.jpg 『よいこにはみえない』

2018aska11.jpg この絵の中の女の子の瞳は、
アスカさんお気に入りのイヤリングがモチーフになっているのだそうです。

2018aska12.jpg 2018aska13.jpg
『HERO IS DEAD』/『サメザメ』

2018aska14.jpg 『午後のしじま』

山側はここまで。次は奥の壁です。

2018aska15.jpg 2018aska16.jpg
『甘味女子』/『RED』

海側の壁に移ります。

2018aska17.jpg 『LOVERS』

2018aska18.jpg 『豹変』
フラメンコダンサーのスカートから、いろんなものが飛び出したら…?というアイデア。

2018aska19.jpg 2018aska21.jpg
『絶交』/『ラヴ・ファイターズ』

2018aska22.jpg 『SWAN』
水面下で白鳥と黒鳥が蹴り合っているのです…

2018aska23.jpg 『こいわずらい』

2018aska25.jpg 『キレイゴト』

海側の壁の墨にはいつもの祭壇が…アスカさんお気に入りのものたちが飾られています。

2018aska30.jpg 2018aska20.jpg
入口横の壁にはネコがいっぱいいます。/『フラワーキャット』

2018aska24.jpg 2018aska26.jpg
『ねこかぶりひめ』/右はポストカード用の原画

2018aska27.jpg
蚤の市で買ったフレームに合わせて、貴族の絵を描いたそうです。

2018aska32.jpg ディスプレイはこんな感じ

2018aska31.jpg ここにもネコがいました

2018aska28.jpg 今回の作品のポストカードを販売

2018aska29.jpg 今までの展示の様子をまとめたファイルや、作品を仕上げるまでのアイデアを描いたスケッチブック、違うタッチの落書をまとめたアルバムもあって興味深いです。

いただいたたくさんのお花がアスカさんの世界を彩ってくれています。(これは一部です)

2018aska33.jpg 2018aska35.jpg

アスカさんの個展「BLANK IN THE BLANK」は、明日10日(日)の18時までです。
大きいものは1mを超える迫力の色鉛筆画を、どうぞお見逃しなく!!!
posted by STAFF1号 at 20:42| Vieの作品展