2016年09月24日

「おはなしのはじまり展6」は明日(25日)の18時までです。

おはなしのはじまり展」は、絵話塾第6期絵本ゆっくりAクラスのメンバーが、2010年に卒業後毎年行って来たグループ展です。今回の参加メンバーは、魚住香奈・木村美幸・にし のりほ・ハシモト アキ・橋本“NAKBA” 扶美江・はせがわ しょうこさんの6人です。

以下、メンバーからのメッセージです。

「今年は6人でロックな6回め! 」
メンバーが減ることは少し寂しくはありますが、作家としてプロを目指す仲間、結婚して子育て中の仲間、違う道へ進んだ仲間…それぞれの人生を応援しつつ、いつでも帰ってこられるような場所にしたい。
そんな思いで続けています。
絵や絵本をはじめ、ものづくりの好きな仲間たちが思い思いの作品を展示しています。


それでは早速会場の様子を見ていきましょう。

ohanashi6_01.jpg
エレベーターホールから中を見たところ。

ohanashi6_02.jpg
前室の展示です。

ohanashi6_05.jpg
前室からギャラリー内を見たところ。

ohanashi6_06.jpg
入口から室内を見たところ。

ohanashi6_07.jpg
山側の壁です。

ohanashi6_08.jpg
奥と、海側の壁です。

ohanashi6_09.jpg
奥から、海側と入口横の壁を見たところ。

ohanashi6_10.jpg
中央にはメンバーが今までに作った手作り絵本が並ンでいます。

ohanashi6_11.jpg
ohanashi6_12.jpg
座ってゆっくり読めるようになっています。

ではお一人ずつ展示コーナーを見ていきましょう。

ohanashi6_14.jpg
にし のりほ さんのコーナー。

ohanashi6_25.jpg
木村美幸さんのコーナー。

ohanashi6_33.jpg
橋本“NAKBA” 扶美江さんのコーナー。

ohanashi6_41.jpg
ハシモト アキさんのコーナー。

ohanashi6_48.jpg
魚住香奈さんのコーナー。

ohanashi6_58.jpg
はせがわ しょうこ さんのコーナー。

個々の作品の詳しい紹介はまた後日にさせていただきますので、もうしばらくお待ち下さい。
よろしくお願い致します。
posted by STAFF1号 at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展

2016年09月10日

「Peace Card 2016 関西展 神戸」は明日11日(日)の17時まで

先週の火曜日(8月30日)から行われている「Peace Card 2016 関西展 神戸」は、速い物で明日11日(日)の17時までとなりました。

peacecard043.jpg

この展覧会についての詳細を、PEACE CARD のサイトから抜粋します。

PEACE CARD (ピースカード) は、1988年に数人のイラストレーターの呼びかけで始まったピース・アクションです。ポストカードを主体とした作品展で、平和を願うイベントとして毎年開催されています。
関西展は2012年、PEACE CARD 25周年の年に第1回を大阪で開催したのが始まりです。
PEACE CARDには、だれでも自由に参加することができます。自作のポストカードにピースなメッセージを添え、「あなたの PEACE CARD」として会場に届けます。届いたPEACE CARDは、そのまま会場に展示され、
来場者はそれらを自由に見ることができます。
年に一度、自作のPEACE CARDを送る。こうすることで、それぞれが想う“平和”を素直に分かち合う。
このピースフルなイベントは東京、小淵沢、名古屋でも連動開催され共感を得ています。
また関西展は小作品の展示とポストカードの寄付を広く全国から募集し、その和を広げることを目標としています。
PEACE CARD 2016 へは以下4つスタイルで参加出来ます。(全部に参加しても1つだけでもOK)
A) 全国から届いたPEACE CARD の展示
B) PEACEなオリジナル作品を展示する
C) ポストカードを100円で即売 石巻と熊本へ寄付
D) PEACE CARDを作るワークショップ


それでは早速会場の様子を見ていきましょう。

peacecard006.jpg
エレベーターホールから中を見たところ。

peacecard007.jpg
前室から中を見たところ。

peacecard008.jpg
前室に飾ってある作品です。

peacecard004.jpg
入口から奥を見たところ。

peace002.jpg
山側の壁です。

peace001.jpg
入口から奥と、海側を見たたところ。

peacecard005.jpg
奥から海側の続きと、入口周りを見たところ。

peacecard019.jpg まず(A)の作品から。

peacecard017.jpg
peacecard018.jpg
peacecard016.jpg
peacecard014.jpg
peacecard048.jpg
peacecard047.jpg
peacecard046.jpg
peacecard045.jpg
peacecard044.jpg
この中には、会場に来て描いて下さった方の作品も多いです。

peacecard021.jpg 続いて(B)の作品です。

参加アーティストは以下の76名です。
No.01 5*SEASON・No.02 成宮成人・No.03 毛利美帆・No.04 HANA・No.05 ぴよぴよ工房ぴーちゃん・No.06 ぴよぴよ工房mono・No.07 慈雨・No.08 やまさきりえ・No.09 山本祐司・No.10 中村友美・No.11 井上純也・No.12 浅田としこ・No.13 こもも・No.14 川合智己・No.15 yuppan・No.16 大倉さとし・No.17 音納三千子・No.18 若松篤志・No.19 高橋亜紗子・No.20 ラッキー植松・No.21 かわとめぐみ・No.22 久木弥九蔵・No.23 ぴちゅな・No.24 藪幸恵子・No.25 夕子・No.26 中西康治・No.27 sachi.k・No.28 おの とも・No.29 オオヤマネコ・No.30 中村俺様・No.31 33・No.32 石田敬一朗・No.33 橋本“nakba”扶美江・No.34 神吉都望・No.35 吹玉トシロー・No.36 金矢・No.37 柊 亜月・No.38 でびっとぼーい・No.39 毛利みき・No.40 橋本京子・No.41 水無月純・No.42 秋元裕美子・No.43 チワワン・No.44 大和のよろず屋・No.45 中島京子・No.46 喜洛屋・No.47 長沢和久・No.48 望月貴之・No.49 ターブー・No.50 かがわきよえ・No.51 内匠悠歌・No.52 森脇順・No.53 西口仁美
No.54 ATSUKO・No.55 寺野敬二・No.56 浜田百合子・No.57 ムロムロ・No.58 うめむらともこ・No.59 畑ゑり子・No.60 まつながつかさ・No.61 上村恭子・No.62 新阜裕大・No.63 関清子・No.64 かとりん・No.65 かずさ・No.66 湯汲凛子・No.67 nanno・No.68 あやとなな・No.69 中村あずさ・No.70 *ゆきの*・No.71 上砂理佳・No.72 きくおかよしのり・No.73 キジトラネコ・No.74 nami
No.75 イルカ・No.76 櫻井詢晃

入口から時計回りに見ていきます。

peacecard049.jpg
peacecard050.jpg
受付横の壁です。

続いて山側の壁です。
peacecard033.jpg
peacecard030.jpg
peacecard034.jpg

奥の壁です。
peacecard035.jpg

海側の壁を奥から入口の方向に見ていきます。
peacecard036.jpgpeacecard037.jpgpeacecard038.jpg

最後は入口横の壁に戻ります。
peacecard039.jpg

立体のユニークな作品もありました。

peacecard032.jpg peacecard031.jpg

peacecard020.jpg そして(C)の作品です。

peacecard011.jpg
peacecard012.jpg
こんな感じでたくさんのポストカードを販売。選ぶのが大変なくらい様々な絵柄があります。

最後は(C)のイベントを一部ですがご紹介します。

peace003.jpg
初日に行われた、ラッキー植松さんの似顔絵ワークショップ。

peacecard040.jpg
3日(土)に行われたオカリナとピアノのライブ。

peacecard041.jpg
10日(土)に行われた、第九で9条を歌うライブ。

peacecard042.jpg
同じく10日(土)に行われた、歌謡ライブ。

こんなに盛り沢山な「Peace Card 2016 関西展 神戸」も明日の17時で終了してしまいます。
明日は13時から「色鉛筆で作ってみよう」(参加費500円・随時)もありますし、まだご覧になっていない方は、ぜひお越し下さい。お待ちしています。


posted by STAFF1号 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展

2016年09月03日

「けん玉大集合」展示紹介の続き

「けん玉大集合」の会期は終わってしまいましたが、前回ご紹介出来なかったに作品をご紹介します。
今回は一般作家の方々56名分を順不同になりますがご覧下さい。

kendama014.jpg 平田友貴「Tamako」
今回実施した人気投票第1位の作品です。

kendama017.jpg
みやけゆま「Gorilla」、えのきのりこ「虎」

kendama018.jpg
織野なを「AとA' or B」、奏那由「宙の箱庭」

kendama019.jpg
ありきやすこ「ちょっとだけふまじめなたてもの」(2点)、なすのりこ「ある遺跡の出土品らしきもの」

kendama015.jpg
フルカワカヨ「sunny day」

kendama016.jpg
森川あつこ「たんぽぽと虫さん」

kendama020.jpg
こばやしつむぎ「つむぎ」(5歳)、もりまゆみ「親の心子知らず」※親子での初参加です

kendama021.jpg
ながのかずめ&こと(3歳)「らいおんさん」、りょうと「かったーだいや」(6歳)※親子で2度目の参加です

kendama093.jpg
奥左・AYU「くじらさんとおともだち」、奥右・SAORIN「けん玉少女」、手前・M工房 MAKOTO「桜」
※ご夫婦と娘さん(8歳)での参加です

kendama022.jpg
マサミマエカワ「決闘!神戸元町ギャラリーVie!」

kendama023.jpg 西野裕美子「たいよう玉」

kendama024.jpg 林眞吾「てーきゅう」

kendama025.jpg
中山和歩「今こそ憲法9条」「まだまだ修行が足りませんが…」

kendama026.jpg 永田恵理「コトバノチカラ」

kendama027.jpg
カルロスカミーノ「シナの5にんきょうだい」

kendama028.jpg カワゾエキヨミ「Blue Sky Blue」

kendama029.jpg みやもとまき「太陽の象」

kendama030.jpg 宇都宮主「にくみそボーイ」

kendama031.jpg 山本典「月を喰らう」

kendama032.jpg kendama033.jpg
みしままさこ「芸術がバクハツするけん玉」「かっぱおうじとかっぱひめ」

kendama034.jpg みしまあきひろ「想いをのせて」
※みしま家もお母さんと大学院生の息子さんのお二人で参加です

kendama036.jpg 曲渕明男「わたしピエロです」

kendama037.jpg 大場康弘「the Magic Wand」

kendama038.jpg SARA TAKASHIMA「あっち こっち どちらでも」

kendama039.jpg SAE「帰還」

kendama040.jpg 木原聡子「ぐるり海のなか」

kendama041.jpg 由利五右衛門「8ふうせん」「雲の上」

kendama042.jpg FEELER「Ler's Festival(ラー★復活祭)」

kendama052.jpg オオヤマネコ「хорощо(ハラショー)」

kendama054.jpg みなとあすか「おさんぽ」

kendama055.jpg 井上ミオ「エネルギー補給」

kendama056.jpg
MAMITA「ど派手のん」「渦巻きのん」「親子のん」

kendama057.jpg
画塾coote:早瀬真美「つぶつぶつぶ」・小西慎一郎「ウニガラ」・軽尾明子「Peadce Tpwer」

kendama060.jpg 布仁美「アンデルセン」

kendama061.jpg 西尾都「夏の Sun & Moon」

kendama062.jpg 中村加代子「けんだるま」

kendama065.jpg
なやいくよ「キヌガサタケでウエディングドレスをつくったら…妄想してみたらこうなった」「前髪を切りすぎた♪ベニテング娘」

kendama066.jpg 白羽航「バラが咲いた…」

kendama067.jpg 佐川ちひろ「ケンダマアイスやさん」

kendama068.jpg koyap「白っぽい夜」

kendama069.jpg いしかわさとみ「ほわほわエンジェル」

kendama071.jpg 夕子「たこすけ」

kendama072.jpg 杉江友紀「リンゴの誘惑」

kendama074.jpg オクマーみど「犬玉(イヌダマ)マルイーヌ」

kendama073.jpg
やぎのりこ「泣くけん玉」「笑うけん玉」「怒るけん玉」

kendama075.jpg 鹿作家めぐ「鹿けん玉」

kendama076.jpg ヌガトモコ「あかずきんけんだま」

kendama077.jpg was a machiko「こうなりました」

kendama081.jpg ミキテライ「昼に見る夢」

以上です。
数が多いため、詳しい作品の説明ができず申し訳ありません。
作家本人によるキャプションも一緒に撮影してありますので、拡大して見ていただければある程度読み取れるかと思います。どうぞよろしくお願いします。

沢山の方々にご協力いただいた今回の「けん玉大集合」。
皆様、本当にありがとうございました。





posted by STAFF1号 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展