2016年02月07日

ハダタカヒト絵本デビュー作「ろじうらの伝説」原画展、開催中です

神戸出身・在住で、Vieの絵話塾で絵本を学んだこともあるハダタカヒトさんのデビュー作「ろじうらの伝説」(あかね書房 刊/税込 1,620円)は、父の三回忌に集まった幼なじみの男性3人が、小学校の頃はやった都市伝説について話しているうちに、お父さんが生前書いていた日記を見つけ秘密を知ってしまうというストーリー。「なんちゃっておじさん」や「口さけ女」も出て来て、コワイけど面白くて誰でも懐かしい気分になる絵本です。

hada17.jpg

それでは展示の様子を見ていきましょう。

hada010.jpg
エレベーターホールから中を見たところ。

hada12.jpg
前室とギャラリー内を見たところ

hada11.jpg
前室に飾ってある作品は今回の中でいちばん大きい「晴れの日」(20,000円)です。※ライブペインティング作品を除く

hada13.jpg
入口からギャラリー内を見たところ。

hada14.jpg
入口に近い山側の壁からストーリーに沿って原画を展示しています。

hada18.jpg
山側の壁には11点。

hada19.jpg
奥の壁には6点。

hada15.jpg
奥の壁までずらっと17見開きの原画、海側の壁には新作を展示しています。
これは初日に撮ったので、ライブペイント用の紙はまだ真っ白です。(下絵状態)
家からいつも使っている木の椅子を持って来て作業しています。

hada20.jpg
海側の壁、左部分。

hada16.jpg
海側の壁・右部分と、入口横の壁を見たところ。立体作品や絵本・ポストカードはここに置いてあります。

それでは、原画の方から詳しく見て行きましょう。

hada24.jpg
たかし君のお父さんの法事で集まった幼なじみの3人が、なんちゃっておじさんについて話しています。

hada25.jpg
口さけ女ってのも居たよね。

hada30.jpg
山田くんは、塾の帰りに出会った「かぜひくなおじさん」のことを話します。

hada32.jpg
押し入れの中からお父さんの日記が出て来ました。

hada38.jpg
な〜んだ「かぜひくなおじさん」ってそういうことだったのか!
たねあかしは絵本「ろじうらの伝説」を手にとってご覧下さいね。

続いて描き下ろしの新作をご紹介します。

hada40.jpg 「漁師」(15,000円)

hada41.jpg 「松竹梅」(15,000円)

hada42.jpg
「keroちゃん」(15,000円)

hada43.jpg hada44.jpg
「ぞうのおまわり」と「かわいいおにんぎょ」(各15,000円)※ぞうとおにんぎょの部分はコラージュです

hada45.jpg
「銭湯」(売約済)

hada52.jpg hada08.jpg
「羽化」(額絵 15,000円/立体 売約済)

hada51.jpg hada50.jpg
立体(左 売約済/右 3,900円)

hada46.jpg「鞠」(12,000円)

hada47.jpg
「夏休み」(12,000円)

hada48.jpg
「ゲリラ豪雨」(12,000円)

hada49.jpg
「乗り合いバス」(売約済)

hada53.jpg hada54.jpg
絵本(1,620円)には、毎日在廊しているハダくんが丁寧にサインを入れてくれます。

hada55.jpg
ポストカード(150円)の絵も独特の世界観です。

さあ、それでは会場で毎日描き続けているライブペインティング作品をご覧下さい。

hada21.jpg
初日は鉛筆で下書きをしていました。

hada03.jpg
下書きが出来たら紙を縦使いにして、右端から描いていきます。

hada04.jpg
この筆を使って、細い線を無数に引きます。紙から浮かした手首を固定し、スナップ効かせて上下に動かして描いていきます。集中しているのが分かるので、見ているだけでも疲れます。

hada56.jpg
使用している画材です。アクリル絵の具は大きめのプラスティックのトレーに少しずつ出して色を調整しながら描いているようです。

hada05.jpg
細部を見るとこんな感じ。

hada06.jpg
体の部分が塗れて

hada07.jpg
髪の部分が濡れて

hada09.jpg
提灯を描いて…毎日だんだん仕上がっていきますね。

hada58.jpg
今度は下の部分を描き始めました

hada59.jpg
金魚が登場します

hada60.jpg
金魚を増やしています

hada61.jpg
金魚がめっちゃいます!

hada62.jpg
2月13日(最終日前日)の夕方からはアマチュアの噺家さんたちによる落語会を行いました。
あいにくどしゃ降りで人出は少なめでしたが、お客さんもスタッフもみんな生の落語をたっぷり楽しみました。

hada63.jpg
最終日は上部を塗って仕上げにかかりました。

hada64.jpg
またまた細かい線で陰影を付けていきます。

hada65.jpg
終日頑張ったんですが、時間切れでここで終了。あと少しでした。
持ち帰って仕上げるそうです。いつか出来上がりを見せてもらえますように。

ハダさん、3週間ありがとうございました。お疲れ様〜
絵本の次回作を期待しています!



posted by STAFF1号 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展