2016年05月31日

アスカ個展「Fill in the Blank」日程、折り返しました

先週の火曜日(5月23日)から始まっております、アスカさんの色鉛筆画による個展「Fill in the Blank」は今日から2週目に入りました。ここから今週の日曜日(6月5日)の18時まで、ラストスパートでまいります。
Vieでのアスカさんの個展は2012年から始まり、今年で4回目になります。その前も二人展を2回されていたので、結構長いお付き合いになっています。
綺麗な色使いで女の子と動物たちが多く描かれているので一見ガーリーでキュートなのに、良く見ると結構毒を含んだアスカさんの作品は女性ファンが多く、毎回会場は華やかなムードに染まります。
今回は裏テーマに「LOVE」があり、「Fill in the Blank」というタイトルは、色鉛筆画では満たせない絵の「余白」を満たそうと頑張っている人たちを描いたのだそうです。

2016aska19.jpg

さあでは会場の様子を見ていきましょう。

2016aska38.jpg
エレベーターホールから中を見たところです。

2016aska05.jpg
前室は当初こうなっていましたが

2016aska06.jpg
今日新作が増えて、4点になりました。

2016aska14.jpg
おしゃれなアスカさんらしい素敵なお花が毎回届きます。

2016aska01.jpg
入口から奥を見たところ。

2016aska02.jpg
入口から山側の壁を見たところ。

2016aska08.jpg
山側の壁を正面から見たところ。

2016aska07.jpg
奥の壁と、海側の角です。

2016aska09.jpg
もう少し寄ったところ。

2016aska03.jpg
奥から海側と、入口横の壁を見たところ。

2016aska10.jpg
海側の壁、中央部分です。

2016aska11.jpg
海側の壁の右半分。台の上には作品ファイルが置いてあります。

2016aska37.jpg
入口横の壁です。台上にはいつものようにお気に入りの小物を飾り、ポストカードを置いて販売しています。

それでは個々の作品を見ていきましょう。

2016aska15.jpg
前室の作品は、ご自身の結婚式のために描かれたものだそうです。素敵ですね!

2016aska12.jpg 2016aska13.jpg
いずれも3,500円で販売します。

2016aska16.jpg
今日届いたほっかほかの新作です。

では室内を時計回りに見ていきましょう。

2016aska17.jpg
「HATE 99%」(8,000円)は、綺麗な色でコワイ顔を描いてみようと、鏡を見ながら(!)描いたそうです。

2016aska18.jpg
「I Know」(18,000円)は、夜光虫とかのイメージ。

2016aska20.jpg
横115cmもある「NAKED DANCER」(40,000円)は、服を脱ぎ捨てて踊っていたら皮膚までほどけてしまったというイメージです。アスカさんは、ブラで目隠しされたトラがお気に入りなのだそうです。

2016aska21.jpg
「ギブミー×××」(15,000円)。「×」にはお好きな言葉を当てはめて下さい、だそうです。

2016aska22.jpg
「流され上手」(30,000円)は和のイメージで。

奥の壁に移ります。これはDMになった作品。

2016aska04.jpg
「こくはく」(70,000円)。DMを見て、原画が90 × 80cmもあるなんて想像できなかったでしょう。しかも良く見るとリースの中にコワイものがいっぱい潜んでいるんですよ!

海側の壁に移ります。

2016aska24.jpg
このグラマーなウサギの絵は「マワタノクビワ」(30,000円)。意味深ですね〜

2016aska25.jpg
「えんもたけなわ」(8,000円)は、失恋したパグ嬢を慰める女子会の最中に第三者がパッと部屋に入ってきた一瞬を描いたものだそうです。

2016aska26.jpg
幅120cmもあろうかという「DEAD or DRIVE」(80,000円)は、床に紙を広げて覆い被さるように描いたという大作。他の絵に出てくるキャラクターがいっぱい登場しています。

2016aska27.jpg
「ラブ・ハンターズ」(7,000円)はそれぞれの決めポーズが面白いです。

2016aska36.jpg
「パン☆チラ☆リズム」(10,000円)。タモリ倶楽部を思い出しますね。

2016aska28.jpg
「人畜無GUY」(6,000円)。シロクマ君は人が良さそうだけど、女の子はどうかしら?

2016aska29.jpg
角の演出コーナー。フランス製双子の赤頭巾ブックエンド(磁器)がスゴイ!

2016aska31.jpg
「華切鈴女(sexy ver.)」(7,000円)。バックのピンク水玉はポップだけど、主役はエグイことに…

2016aska33.jpg
「ハナキリスズメ」(5,000円)。ハリネズミを剣山にしちゃってます。

2016aska34.jpg
「吠面ガール」は、さっきの「えんもたけなわ」で失恋していたパグ嬢です。

2016aska35.jpg
「ハリヤマネズミ」(3,000円)はポストカードサイズの可愛い作品。

2016aska30.jpg
コレがモデルになったハリネズミのぬいぐるみです。

2016aska32.jpg
近くにポストカードも並んでいます。(1枚162円)

2016aska23.jpg
落書きした付箋を入れたファイルもありました。こんな絵も描かれるんですね。

アスカさんの個展「FIll in the Blank」は今週の日曜(6月5日)の夕方6時まで。
お見逃しのないよう、ぜひお越し下さい。お待ちしています。


posted by STAFF1号 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展

2016年05月20日

2015年度絵話塾修了展は5月22日(日)18時までです

今年も絵話塾生たちの修了展が行われています。
2015年春から「絵話塾」の「イラストじっくりコース」「絵本ゆっくりコース」「絵本わくわくコース」「絵本レベルアップコース」「特別コース」で学んだ受講生たちの作品展です。

今回の参加メンバーは以下の皆さんです。(敬称略)
●絵本ゆっくりAコース:いさかたまき・enco・越智陽子・coba・こまいひとみ・たもはん・仁平咲子・ふじたけんいち・前田久美・みずのようこ・やまもとえみ
●絵本ゆっくりBコース:あかさかのぞみ・伊藤晴香・なやいくよ・西野恭子・白井美波・原郷由美子・星野由香・mana・Mayphy・momoc・矢口恵美子・やまもとなみほ
●絵本わくわくコース:伊木まゆら・石井泰子・太田幸江・kao kao・木村純子・木村寿美恵・Takie・Tam・なかのゆり・西田和子・mizobatasaki・もめんみきこ・やまざきゆうこ・Yumiko Yamamoto
●イラストじっくりコース:岩澤亜紀子・おおつゆうこ・クロカワアツコ・近藤倫美・小夜・
玉田彩・トミタリサ・永井望・マメイケダ
●絵本レベルアップコース:池ア直子・oeda・かわづけい・きりしませいこ・城山裕恵・杉江友紀・たかだゆきこ・竹内亜季・なかじままさこ・フジイヒサヨシ・藤本佳子・みやけゆま・森岡りえ子
●特別コース:フルカワカヨ・ヤマネコユウサク

早速会場の様子を見ていきましょう。

2016srt003.jpg
エレベーターホールから前室を見たところ。

2016srt004.jpg
前室からギャラリー内を見たところ。

2016srt002.jpg
入口から屋を見たところ。中央や壁際の台上には、手作り絵本がたくさん並んでいます。

2016srt005.jpg
入口側から山側の壁を見たところ。

2016srt006.jpg
入口側から屋と山側の壁を見たところ。

2016srt001.jpg
屋から入口側を見たところです。

2016srt007.jpg
入口側から中央の机を見たところ。

2016srt008.jpg
奥から中央の机を見たところ。

2016srt009.jpg
奥の台の上です。

2016srt010.jpg
山側の台の上、奥の方です。

今回は数が多いので、個々の作品はまた改めてご紹介します。

では残り2日、よろしくお願いします。
posted by STAFF1号 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展

2016年05月07日

東野健一 [大型連休 絵展] 続報です 〜 イベントの様子

東野健一 [大型連休 絵展] はゴールデン・ウィークを通してにぎやかに開催しています。
会期中には大がかりなイベントも行われ、いつもと違うVieの表情が出せたような気がします。
イベントを企画・実行して下さったのは、いつも東野さんをサポートして下さるメンバーの方々。素敵な出会いに感謝致します。

まず4月30日(土)下弦の月 18時〜21時に行われたのは『スパイスの香り』です。「スパイスは土の中より匂い立つ、イノチの母渡(モト)。そこへと誘う、食と語りと、香りにくるまれる刻。」
香り師●ササ、語り師●ヒガシノケンイチ、調り師●シチニア食堂 の皆さんによるコラボイベントです。
東野さんがトルコとギリシャ映画『タッチ・オブ・スパイス』について語り、シチニア食堂さんが映画にインスパイアされた料理を提供し、ササさんが総合演出をされました。

higashino64.jpg
いつものギャラリーがエスニックレストランに様変わり。お料理はコースで出て来ました!

higashino65.jpg
左からシチニア食堂さん、東野さん、ササさん。お疲れ様でした。

続いては5月3日(火・祝)13:00〜17:00 に行われた、東野健一お絵かき教室『みず・かみ・すみ』。「みず かみ すみ 多様なり。東野健一が集めてきた、たくさんの母扉(モト)をひらき、伝わりくる刻。」です。

higashino67.jpg
東野さんが普段のワークショップでは教えることはないという、水と紙と墨を使って描く技法を伝授して下さいました。

higashino68.jpg
参加した方々はみんなとても楽しそうに描いておられました。良い作品ができたかな?

最後に5月7日(土)新月・18時〜20時『ニホン×インド×アフリカ ふしわらのじこ×ひがしのけんいち二人語り』「生きる≠フ母土(モト)が生き続けているアフリカ・インド・その土地の深く、深くを知るニホン人二人の語れ、語れり、語り刻」では、「ヒンホイ」さんのスペシャルプレート、スイーツ出店もありました。

higashino70.jpg
会場ぎっちぎちに座っていただき皆さんにはご不便をおかけしましたが、お二人のお話とおいしいチャイには満足していただけたのではないかと思います。

higashino71.jpg
お客様の中にミュージシャンの方がいらっしゃったので、持参のバチを使って即興でイスを叩いてパーカッションの披露があったり

higashino72.jpg
バンスリ(インドの横笛)奏者の方は楽器がなかったので、「秋田長持唄」を歌って下さいました。バンスリの音色にも似た歌声に、みんな感激!

higashino73.jpg
東野さんとふしはらさんは素敵な和服で登場。この出で立ちでインドとアフリカはコンゴのお話をされたのです!

higashino74.jpg
ふしはらさんはコンゴで暮らしておられた頃に撮ったスライドも見せて下さいました。これは市場でお肉を売っているところ。日本では冷蔵されたお肉しか手にすることがないけれど、向こうは捌いたばかりのお肉なので買う時はまだ温かいのだそうです。

昨日のブログには載せられませんでしたが、会場には展示している作品以外にも販売物があります。

higashino59.jpg
ポストカードは1枚100円で販売。

higashino60.jpg
缶バッジは1個250円で販売。

higashino62.jpg
東野さんが先日インドに行った時に仕入れてきた綿布・ガムチャ(800円〜)も販売。会場では東野さんがガムチャ売りにになって、巻き方のアドバイスもして下さいます。村々によって糸や織り方が違うので、いろんな風合いや柄があっていっぱい欲しくなってしまいます。

higashino61.jpg
壁に飾れなかった作品もファイルに入っているので、こちらもご覧下さい。

これは東野さんの作品ではありませんが、所蔵されている貴重な敷物です。

higashino36.jpg
インド北部に住むナガ族が生まれる子どもの幸せを祈って、家畜や農機具の刺繍を施した物だそうです。

higashino37.jpg
お客さんの子ども達が上でゴロゴロ。それを見て嬉しそうな東野さんでした。

東野健一 [大型連休 絵展] は明日5月8日(日)の18時までです。どうぞお見逃しなく!

posted by STAFF1号 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 「てまり」