2016年06月26日

こにし美砂展「make blue」は終了しました

6月21日(火)から行っておりました、こにし美砂さんの個展「make blue」は先ほど終了しました。
こにしさん、一週間お疲れ様でした。お越しいただいた皆さま、ありがとうございました。
阪神間を中心に活動されている、コンテンポラリーアーティストのこにし美砂さん。Vieでは2009年から数えて5度めの展示となります。
今回は「make blue」のテーマのもと、梅雨の季節にぴったりのまざまな「青」を見せて下さいます。
1点1点の作品はもとより空間全体の構成も楽しめる、素敵な展示になっています。
会期中に会場の様子をご紹介出来ませんでしたが、素敵な展覧会の様子をご覧下さい。

2016misa09.jpg
「make blue」=「青くする」ということで、まず普通の色使いで描いた絵の上に様々な青色を重ね、残った所が色んな形に見えてくるという手法で描かれたそうです。

あなた何に見えますか? 想像を巡らしながらお楽しみ下さい。

2016misa04.jpg
エレベーターホールから中を見たところ。

2016misa05.jpg
前室からギャラリー内を見たところです。

2016misa06.jpg
前室の作品「ココロの準備」(45,000円)

ではギャラリー内をぐるっと時計回りに見ていきましょう。

2016misa07.jpg
入口から奥を見たところ。

2016misa01.jpg
山側の壁です。

2016misa02.jpg
奥と、海側の壁です。

2016misa03.jpg
海側の壁の続きと、入口横の壁です。

それではブロックごとに見ていくことにします。

2016misa08.jpg
山側の壁の全体です。

2016misa10.jpg
いちばん左は「身につけるブルー」(1コ800円)。

2016misa11.jpg
キャンバス地に描いた絵を直径5cmの円形に切り抜き、薄い板に貼って裏に留め具を付けたブローチです。軽くて夏物の素材に付けても大丈夫だったので大人気でした。

2016misa12.jpg
続いては「join」(各22,000円)。並べ方がおもしろいです。

2016misa14.jpg2016misa15.jpg
「join」の作品の一部です。

2016misa48.jpg
「AOIE mix」(各35,000円)

2016misa13.jpg2016misa17.jpg
「AOIE mix」の一部です。

2016misa18.jpg
これらは「ポロックパンプキン」(各12,000円)

2016misa19.jpg 2016misa20.jpg
新聞紙でカボチャを作って色を塗ったので軽く、テグスで簡単に吊して壁に映る影も楽しめます。

2016misa21.jpg
「考えるカボチャ」(35,000円)。こちらはどっしりと地面近くに飾られています。

奥の壁に移ります。

2016misa22.jpg
今回の一番大きい作品「Donde esta la salida?(スペイン語で「出口はどこ?」の意)」(85,000円)

2016misa23.jpg 奥と海側の角には「chirasu」(各28,000円)

2016misa24.jpg2016misa25.jpg
小さな模様が千代紙のようです。

2016misa26.jpg
このブロックは「やわらかい早朝」(大45,000・中25,000・小22,000円)

2016misa27.jpg2016misa50.jpg2016misa28.jpg
このシリーズが好きだと言うお客様が大勢いらっしゃいました。

2016misa29.jpg
海側の中央、台の上に並んでいる作品は「succession」。もともと薄いボードに描いたそれぞれの絵を、2枚ずつくっつけて本の表紙のようにして飾っているおもしろい作品です。(22,000〜45,000円)

2016misa30.jpg
2016misa31.jpg
2016misa32.jpg

2016misa33.jpg
続いてのブロックは「部分記憶」(各12,000円)

2016misa34.jpg2016misa35.jpg
小さくて可愛い作品です。

2016misa36.jpg
海側の最後は「親切な月夜」(15,000〜30,000円)

2016misa37.jpg
2016misa38.jpg

最後は入口横の壁に戻ります。

2016misa40.jpg
この2点はそれぞれ違う作品です。

2016misa41.jpg
「やまなみ」(45,000円)

2016misa39.jpg
「街あかり」(45,000円)

大きな作品の下にはポストカードサイズの作品が無造作に床に置かれて、壁に立てかけられています。

2016misa43.jpg2016misa44.jpg

2016misa45.jpg
これらは一枚1,000円で販売されていました。

こにしさんの個展の時にはいつもお客様に参加して描いていただく作品を用意しておられます。

2016misa46.jpg
今回は白い紙に色画用紙を貼ったものを用意して、いろんな画材の青を塗ってもらおうというものでした。

2016misa47.jpg
最終的にはここまで青くなりました。

いかがでしたか?
鬱陶しい梅雨の時期を逆手にとって、青で統一された素敵な作品展でした。

ここで耳寄りな話をひとつ。
こにしさんはアクリル絵の具を塗るとき筆はあまり使わずに、スクィージ(ヘラのようなもの)を使うことが多いそうですが、今一番のお気に入りは “もんじゃ焼き用” のハガシ(テコの小さいの)なんだそうですよ。
使い勝手が良いのだそうで、同じ画材を使っている方は一度試してみてはいかがですか?

posted by STAFF1号 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展