2016年12月25日

太田朋さんの個展「冬の仕事」は本日午後6時までです。

先日ご紹介した展示の様子をもう少し詳しく見ていきましょう。
まずは入口付近の受付周りにある作品です。

2016tomo14'.jpg2016tomo13.jpg 2016tomo14.jpg 額装作品小(30,000円)
真鍮やステンレスでできた金銀のどうぶつ達(この画像の作品は6,000円)

続いて山側の壁の作品。左部分から。

2016tomo15.jpg 自由なレイアウトが楽しいです。

2016tomo16.jpg 2016tomo18.jpg
2016tomo20.jpg 2016tomo19.jpg
額装作品・大(40,000円)、小(30,000円)、廻るオブジェ(15,000円)、金属の動物(3,500円〜)

山側中央部分です。

2016tomo21.jpg 2016tomo22.jpg
この微妙な線は、竹ペンで描かれています。
2016tomo03.jpg 2016tomo23.jpg DMの原画です。

山側の右部分です。

2016tomo24.jpg 2016tomo25.jpg 2016tomo26.jpg 2016tomo27.jpg
額のないシート作品は20,000円です。

床には

2016tomo28.jpg 2016tomo29.jpg
不思議な粘土製のどうぶつ(3,000円〜)がずらっと。

奥の壁、山側です。

2016tomo30.jpg 「花を待ってる」シリーズ。

2016tomo31.jpg 2016tomo32.jpg
額装作品・大(40,000円)と、シート作品(20,000円)

奥の壁、海側です。

2016tomo36.jpg
こちらも平面と立体がバランス良く並んでいます。

2016tomo37.jpg 2016tomo38.jpg 額装プラ版画作品(各20,000円)

2016tomo33.jpg 2016tomo41.jpgゆらゆらオブジェ(15,000円)

海側に移ります。左部分から。

2016tomo43.jpg
さまざまなタイプの作品なのに、整然と並んでいますね。

2016tomo42.jpg 下の方に貼った作品 2016tomo46.jpg 2016tomo47.jpg 2016tomo48.jpg シート作品・大(各30,000円)

2016tomo44.jpg 2016tomo45.jpg 木の枝は神社の鎮守の森で拾ったものだとか。

続いて海側の壁、中央部分です

2016tomo49.jpg シート作品・大(各30,000円)
2016tomo50.jpg 2016tomo51.jpg 2016tomo52.jpg どうぶつは裏表で表情が違えてあります。

海側の右部分です。

2016tomo53.jpg 卓上には陶器作品もあります。

2016tomo54.jpg 壁の作品たち。

2016tomo56.jpg 額装した版画や
2016tomo57.jpg 陶器(4000円〜)があります。

最後は入口横の壁です。

2016tomo58.jpg 2016tomo59.jpg 2016tomo60.jpg
この額装作品・小は、並べて置いておきたい感じですね。

いかがでしたか?
今回は販売していたカレンダーも早々に売り切れ、ポストカードも徐々に減ってきています。
ここには画像がありませんが、マイレさんとのコラボブローチは23日に入荷しています。
2016年、いろろいろあった今年のしめくくりを朋さんの作品を見て過ごしませんか?
太田朋さんの個展「冬の仕事」は本日6時までです。どうぞお見逃しなく。

この展示をもちまして、今年のGallery Vieの営業は終了します。
来年は1月24日からオープンしますので、どうぞよろしくお願い致します。

posted by STAFF1号 at 03:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展

2016年12月16日

太田朋さんの作品展「冬の仕事」、始まっています。

今週の火曜日(13日)から、太田朋さんの作品展「冬の仕事」が始まっています(25日18時まで)。
直前まで京都府の美山で展示されていたので、一体どうなるかしら?と少し心配していたのですが、ふたを開けてみるといつもに増して多彩な作品が空間を埋め尽くし、とても楽しい展示になっています。
寒さ本番の今だからこそ、朋さんの描く「冬の仕事」の数々がピッタリの季節になってきました。暖かい室内で、ゆっくりご覧下さい。
今日は少しだけ展示風景をご紹介します。(後日また詳しい記事を追加します)

2016tomo01.jpg
壁の文字です。左上にあるのは、真鍮で作った満月。輝いていますね。

2016tomo05.jpg
エレベーターホールから中を見たところ。

2016tomo06.jpg
前室からギャラリー内を見たところ。今回はこのように平面、金属板と木の枝で作ったオブジェ、粘土や張り子の立体などが並んでいます。

2016tomo07.jpg
前室にあるオブジェ(小10,000円・大10,500円)。大きい方はくるくる回ります。

2016tomo09.jpg
入口から中を見たところ。床から天井まで使って、さまざまな作品を展示してあります。

2016tomo08.jpg
受付周りの作品たち。銀色に輝く船はアルミニウム製です。

2016tomo10.jpg
山側の壁です。

2016tomo02.jpg
山側の中央部分。

2016tomo11.jpg
奥と、海側の壁の角です。

2016tomo12.jpg
海側の壁の続きと、入口横の壁です。

平面作品はこんな感じ。

2016tomo03.jpg 額装作品 30,000円

粘土の立体はこんな感じです。

2016tomo04.jpg どうぶつ3,000円、きいろ4,000円

この他、朋さんが絵付けをした陶器も少し展示してあります。
17(土)・18(日)・24(土)・25(日)は在廊されますので、お話したい方はぜひお越し下さい。

太田朋さんの作品展「冬の仕事」の続きはこちらでご覧下さい。
posted by STAFF1号 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展

2016年12月03日

Hisako Hanioka 展「青い旅路」は明日12月4日(日)18時までです

今週の火曜日(11月29日)から行っております、Hisako Hanioka 展「青い旅路」は明日最終日を迎えます。
絵話塾イラストコースの卒業生・Hisako Hanioka さんは、美しい色使いと、大胆でエネルギッシュな作品を描かれます。
今回は自身で作詞した『青い旅路』という曲のイメージで構成した展示だそうです。

honey10.jpg

指折り あなたの悪いとこ探す
なのにどうしてだろう 浮かぶのは笑顔
名前も告げず 去っていった
人づてに覚えた その呼び名を
夏だから なぜか忘れてしまったわ
もういいの わたし海になる
あなた海が好きでしょう?
大きな大きな海になって 旅立ちを祈るの


では、早速会場の様子を見ていきましょう。

honey01.jpg
エレベーターホールから中を見たところです。

honey02.jpg 前室の展示。

honey03.jpg 「青い旅路 @」

honey06.jpg 作者似?のマトリョーシカ

それでは部屋の中を見ていきます。

honey07.jpg
入口から奥を見たところ

honey05.jpg
山側の壁です

honey04.jpg
入口から奥と海側の壁を見たところ

honey08.jpg
奥から海側と、入口横の壁を見たところ

honey09.jpg
奥から入口側を見たところです。

それでは受付横の壁から、時計回りに見ていきましょう。

honey27.jpg 左の2点『ずっと大好き』『また来たよ』

山側の壁に移ります。

honey12.jpg
山側左です。

honey13.jpghoney14.jpg
小さい作品が多いです。

honey32.jpg 『あたたかい暗闇』

honey33.jpg 『ぶさいく』

honey11.jpg 『運命』『夢を歌う』

honey15.jpg 『ガソリン』

honey16.jpg 『青い旅路A』(DMの原画です)

honey17.jpg 奥と、海側の角です。

honey18.jpg 『私と蝶々の世界』

honey19.jpg 『私と蝶々の世界』

honey34.jpg
海側の壁の続きです。

honey20.jpg 『あの頃』

honey21.jpg 『花』 『いのち』

honey22.jpg 『見知らぬ国へ』

honey23.jpg 『謎だらけ』

honey24.jpg
入口横の壁です。

honey26.jpg 上から『虹色の八方美人』『好き』

honey25.jpg 『おかえりなさい』

机の上にも作品があります。

honey29.jpg 『サンタさん』『トナカイくん』

honey30.jpg アップリケうちわ

honey31.jpg お仕事のイラストです。

いかがですか?「青い旅路」と言いながら、圧倒的にピンクの多い世界ですが、寒い季節にはぴったりです。昨日からルミナリエも始まりましたし、明日の最終日に間に合う方は、ぜひ会場に足を運んでご覧下さい。
お待ちしております。
posted by STAFF1号 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展