2017年01月24日

作品展レポート:TAMAPRO 22nd Illustration Exhibition「Winter」続報

先日ご紹介したのは今回のタマプロさん達のグループ展に参加された方のうち3名分だけでしたので、今日は残りの4名の方々の作品をご紹介しましょう。

まず海側の壁の左側部分、西長日出世さんのコーナーです。

tamapro47.jpg tamapro46.jpg
西長さんはドロウイングペンとカラーインクで描いたイラストを出品。
ちょっとレトロな女の子達が素敵ですね。

tamapro48.jpg 『メガネ女子』tamapro49.jpg 『クリスマスツリー』tamapro50.jpg 『ひそひそ話』tamapro51.jpg 『クリスマスリース』tamapro52.jpg 『白フクロウ』

tamapro53.jpg
ポストカードは色のない塗り絵タイプも販売していました。

続いて海側の壁中央部分はシゲマツユキコさんのコーナーです。

tamapro54.jpg tamapro55.jpg
シゲマツさんは以前にも遺跡の発掘物のような作品群を出品されたことがありましたが、今回も祭壇のような形状で不思議な作品が並んでいます。

tamapro56.jpg リースと額装作品 tamapro57.jpg tamapro58.jpg ライト tamapro60.jpg 古布風 tamapro61.jpgtamapro59.jpg tamapro64.jpg tamapro63.jpg
植物標本風

tamapro62.jpg 発掘物の標本風

tamapro65.jpg ポストカードも販売

海側の壁の右部分はオオビツマユミさんのコーナーです。

tamapro66.jpg tamapro67.jpg オオビツさんは大きめの作品を4点出品しました。
コンピュータで仕上げたものと手描きのものがあります。

tamapro70.jpg tamapro71.jpg ネコ2点は手描きによるもの。

tamapro68.jpg tamapro69.jpg
女生と花を描いた2点はコンピュータによりきりっとした印象です。

最後にご紹介するのは入口横のスペース、身野祥子さんです。

tamapro72.jpg tamapro73.jpg 身野さんは和風〜日本の女神を2点描きました。

tamapro75.jpg 『菊理姫(くくりひめ)』tamapro74.jpg『瀬織津姫(せおりつひめ)』

展示の様子は以上ですが、期間中に行ったワークショップの様子もご紹介しましょう。

oonishi.jpg おおにしまさよさんの「雪うさぎをつくろう
nuga.jpg ヌガトモコさんの「冬のブローチをつくろう」
ishomura.jpg 磯村恭子さんの「灯りがゆれるお家をつくろう」

おおにしさんとヌガさんは12月10日(土)、磯村さんは12月11日(日)のいずれも13:00〜17:00に参加費500円で行いました。材料はすべて作家さんが用意して参加者は塗ったり貼ったりするだけで良いとあって、大人はもちろん子ども達も大喜びでさまざまな作品を仕上げていました。

tamapro80.jpg 奥・雪うさぎ、手前・ブローチ tamapro82.jpg 粘土の台に色を塗ったり tamapro81.jpg キラキラを貼るとできあがり tamapro83.jpg お家の灯りは工作っぽかったです

TAMAPRO 22nd Illustration Exhibition「Winter」はクリスマスシーズンにぴったりの大人も子どもも楽しめる作品展でした。
タマプロさんたち、ご紹介が遅くなったことをお詫び申し上げます。
posted by STAFF1号 at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展