2017年10月28日

WAKKUN展「土 人 器(ツチ ヒト ウツワ)」は明日までです。

先週の火曜日から始まっているWAKKUNのVieでは8回目になる個展「土 人 器(ツチ ヒト ウツワ)」。
週末になると台風がやって来るという巡り合わせで、ご来場の皆様にはご迷惑をおかけしていますが、WAKKUNも連日在廊して和やかにお客様とお話しておられます。

2017wak03.jpg

今回のテーマには、WAKKUNの深い思い入れがあるのです。
会場風景をご紹介する前にまず、そのテーマについての作品をご覧下さい。

2017WAKKUN19.jpg 2017WAKKUN20.jpg 2017WAKKUN21.jpg 2017WAKKUN22.jpg 2017WAKKUN23.jpg 2017WAKKUN24.jpg
「アメリカのプエブロインディアンの言い伝えでは
 神と母なる地球の間に生まれた子どもが 虫であり 魚であり
 草であり 花であり 狼であり 人間であり、
 あらゆる生命は 父と母との子。
 だから 父、母を敬い、兄弟仲よくしなさいと教えている。
 人間が ねん土をとる時 母なる地球に ゆるしをこう。
 あなたの身体の一部である 土は生きていて
 母さんの皮ふの一部であるから
 どーか あなたの身体の一部をとることを おゆるし下さい。
 でも、とった身体の一部から 新たな生命を ふき込むので
 ゆるして下さいと 祈りをささげるのだ。」

それでは、会場の様子を見ていきましょう。

2017WAKKUN05.jpg
エレベーターホールから中を見たところ

2017wak01.jpg 前室の展示です

2017WAKKUN37.jpg 2017WAKKUN10.jpg 前室の作品

2017WAKKUN09.jpg 入口から奥を見たところ

2017QAKKUN06.jpg 入口から山側の壁を見たところ

2017WAKKUN07.jpg 入口から奥と、海側の壁を見たところ

2017WAKKUN08.jpg 奧から入口側を見たところ

2017WAKKUN34.jpg 入口横の作品

「土人器展では 友達の劉長煒さんと AONEIさんの力を おかりしています。
 ゆっくり楽しんでいってくださいね」

2017wak02.jpg 入口横の壁です

2017WAKKUN33.jpg 壁の作品

2017WAKKUN35.jpg その下の陶芸作品

ではここから左回りに見て行きましょう。

2017WAKKUN32.jpg 2017WAKKUN28.jpg 長い和紙に墨とパステルで描いた作品
2017WAKKUN31.jpg 2017WAKKUN30.jpg2017WAKKUN29.jpg
書き初め凧に土とパステルで描いた和紙を留め付けた作品

2017WAKKUN26.jpg 大皿

2017WAKKUN27.jpg 2017WAKKUN25.jpg 奥の壁の作品です

山側の壁に移ります

2017WAKKUN18.jpg
この間の台の上に最初にご紹介したじゃばら本が展示されています。
2017WAKKUN14.jpg 2017wak04.jpg たくさんの豆皿たち

2017WAKKUN15.jpg 2017WAKKUN16.jpg 2017WAKKUN17.jpg さまざまな形と模様の器たちです

2017WAKKUN12.jpg 2017WAKKUN13.jpg
絵本「手紙」とポストカードも販売しています

10月28日(土)に行われた、AONEIさんの投げ銭ライブの様子もご紹介しましょう。

2017WAKKUN38.jpg
まずWAKKUNが、8年前にVieで行った作品展の時に、AONEIさんが会場で歌ってくれたことをお話ししてAONEIさんを呼び込み

2017WAKKUN39.jpg
AONEIさんはウクレレやハワイのパーカッションを奏でながら、ホーミーのように不思議な響きを持つ声で、ハワイや日本の歌を歌ってくれました。
会場に居たお客様は彼女の声に癒され、聞き終わった後は清々しい気持ちになりました。
VIEスタッフもすっかり気に入り、機会があればまた歌声を聞きたくなりました。
AONEIさん、ありがとうございました。





posted by STAFF1号 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展