2017年12月18日

スズキコージ 港町コーベに捧げる!「コーベッコー」絵本原画展、開催中です。

12月6日(水)から行われているスズキコージさんの「港町コーベに捧げる!絵本『コーベッコー』原画展」は、ちょうどルミナリエの開催期間とも重なり、連日たくさんのお客様で賑わっています。

2017cozi12.jpg

まず初めに、コージさんが数年前のイベントで3日間かけて描かれた大きな神戸港の絵がありました。

2017cozi40.jpg 縦140cm×横170cm位です

それがきっかけで神戸市にある出版社・BL出版と一緒に「神戸の絵本を出しましょう」という話になったのだそうです。
今回はその絵本の原画全19点と、絵本に登場する風見鶏「コーベッコー」をモチーフにした小品などを多数展示しています。
それでは早速会場の様子を見ていきましょう。

2017cozi01.jpg エレベーターホールから中を見たところ

2017cozi02.jpg 前室の展示です

2017cozi04.jpg ここには表紙と

2017cozi03.jpg 見返しに使われた原画があります

2017cozi17.jpg これが絵本です(1,728円)
例の大きな絵は裏表紙に使われたのですね

では中を見て行きましょう。

2017cizi05.jpg 入口から奥を見たところ

2017cozi06.jpg 山側の壁です
ここから時計回りに絵本の流れに沿って額装された原画が並んでいます。

2017cozi07.jpg 奥の壁までが原画で、
海側の壁には販売用の作品が並びます。

2017cozi08.jpg 海側の続きと入口周辺
裏表紙になった大きな絵は入口の横にあります

2017cozi09.jpg 2017cozi10.jpg 2017cozi11.jpg 会場内にはコージさん作の
旗や太鼓があって雰囲気を盛り上げています

原画はこんな感じです。

2017cozi13.jpg 山側と 2017cozi14.jpg 奥の壁です

では原画を順番に見ていきましょう。

2017cozi68.jpg 2017cozi19.jpg 2017cozi20.jpg 2017cozi21.jpg 2017cozi22.jpg2017cozi23.jpg 2017cozi24.jpg 2017cozi25.jpg 2017cozi26.jpg 2017cozi27.jpg 2017cozi28.jpg 2017cozi29.jpg 2017cozi32.jpg 2017cozi33.jpg 2017cozi34.jpg 2017cozi15.jpg
『コーベッコー』は夜明けから日没までのお話で、神戸の観光名所や歴史上の出来事なども描かれています。
静岡出身で長く東京で暮らした後、6年前から神戸で暮らしているコージさんだからこそ描ける、ダイナミックで不思議なコーベの物語。ぜひ手に取ってご覧ください。

2017cozi41.jpg 2017cozi42.jpg
最近刊行されたコージさんの絵本も販売しています。
『ドームがたり(文:アーサー・ビナード/玉川大学出版部/1,728円)』『でんでんでんしゃ(文:谷川俊太郎/交通新聞社/1,404円)』『らくごえほん 月きゅうでん(文:桂文我/小学館/1,404円)』など

2017cozi18.jpg ポストカード(108円〜)も販売

原画以外の作品もたくさんあります。在廊中にギャラリーでも描かれたり、お家で描かれた新作を持って来られたりして、どんどん増えていっています。(作品の価格表示は税抜きです)

2017cozi35.jpg 2017cozi36.jpg 油彩画が2点
『サカルトベロ男(1,000,000円)』/『サカルトベロ姫(1,000,000円)』

2017cozi37.jpg 2017cozi38.jpg 日々増える小品たち

様々な画材で描かれたカラフルな作品

2017cozi59.jpg 2017cozi58.jpg
『パカパカコーベッコー(30,000円)』『全員集合(29,000円)』2017cozi51.jpg 『白熊と娘(20,000円)』2017cozi57.jpg 『コーベッコーのおなか(39,000円)』2017cozi56.jpg
『馬走る(15,000円)』『GUITAR MAN(15,000円)』『熊と娘(15,000円)』

主にボールペンで描かれた繊細な作品

2017cozi52.jpg 『恋人コーベッコー(売約済)』2017cozi54.jpg 2017cozi60.jpg
『ディディマディロバト(100,000円)』『FENIX(30,000円)』2017cozi55.jpg『風見鶏ダンス(110,000円)』『海(95,000円)』

小さなポストカードサイズの作品でも隅々までたくさんのモチーフが描き込まれ、見ていて全然飽きません。
カラーの作品には外国の切手をコラージュしてあり、線画の方にもどこかに使われています。

2017cozi63.jpg 2017cozi62.jpg 2017cozi61.jpg

9日(土)の出版記念パーティーは出版社やコージさんのお知り合い、ご家族の方々が大勢集まって和やかに行われ、お決まりの紙吹雪で盛り上がりました。この紙吹雪を用意するために当日コージさんは早起きをしたそうですよ。

こんなに楽しい絵本『コーベッコー』原画展は、12月24日(日)の午後6時までです。
明日18日(月)はVieの定休日ですが、明後日19日(火)からはルミナリエも終わって街は少し落ち着くことでしょう。
何かと話題になっている世界一大きなクリスマスツリーまではVieから徒歩10分ほどなので、絵本のコーベと実際の神戸港を見比べるのも楽しいかもしれませんね。
ぜひぜひお越しください!

posted by STAFF1号 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展