2014年09月13日

「『夜長堂の乙女モダン蒐集帖』出版記念夢売り巡業『宴(utage)』」開催中です!

夜長堂さんはレトロ雑貨をプロデュースしている女性アーティスト。「姿はみえねど いつなんどきも営業しております」をモットーに、日々あちこちに赴いて素敵な物や人に出会い、その土地や出会った方々と一緒に素敵なことを企画しておられます。
その彼女が先頃ご自身の好きなものを紹介した『夜長堂の乙女モダン蒐集帖』という本を出版し、それを記念してこの夏「出版記念夢売り巡業『宴(utage)』」と銘打って本で紹介されている作品や商品を東京・京都で展示販売して来られました。その巡回展を今回Vieでも行っています。※9月21日(日)まで開催・16日(火)は休み

yonaga004.jpg

14日・15日にはイベントがありますので今日は展示風景をざっとお知らせして、後ほど詳しくご紹介することに致します。

yonaga015.jpg
これがその『夜長堂の乙女モダン蒐集帖』です。(パイインターナショナル刊 1,728円)

まずはギャラリーに入る前にある展示から。

yonaga011.jpg
これらは全て本で紹介されている作家さんが夜長堂さんの為に制作した非売品です。

yonaga042.jpg
tubuhonさんが作った看板

yonaga043.jpg
夜長堂のマスコット招き猫の座布団もtubuhonさん製

yonaga044.jpg
鼻緒に夜長堂の布を使ったいの小町の紙ぞうり

yonaga002.jpg
ギャラリー入口から全体を見たところ。

yonaga001.jpg
山側の壁です。

yonaga012.jpg
味園ビルの紹介コーナー。

yonaga036.jpgyonaga035.jpg
1955年に誕生した大阪・ミナミの繁華街の総合レジャービル「味園」。華やかなダンスホールやキャバレーがあり、連日賑わっていました。現在は貸しホールなど違った形で営業していますが、当時のグラフィックはとても魅力的です。

yonaga033.jpg
踊り子さんの衣装のデザイン画

yonaga003.jpg
デザイン画の下に『夜長堂の乙女モダン蒐集帖』を置いています。
右側の壁には本の表紙になった関美保子さんの原画が飾ってあります。

yonaga034.jpg
型染め作家・関美保子さんが描いた夜長堂さんの好きなものたち

yonaga016.jpgyonaga017.jpg
本と一緒に、Torigo e Canaさんのアイシングデコレーション・クッキーも販売しています。(432円〜)

yonaga005.jpg
海側の奥にはキボリ作家・北浦和也さんのコーナーがあり、14日・15日は似顔絵キボリを行ってくれました。(1日8人程度・予約不要3,500円。40分程度かかります)

kibori7.jpg
ただ今制作中

kibori9.jpg
北浦さんが手に持っているのはこれからキボリをする材料となる10cmほどの木材です。

kibori8.jpg
これらの道具を使います。

kibori11.jpg
できあがり。ヨリコさんです。

kibori1.jpg
こんなインパクトのあるブローチ(3,600円)も販売しています。

kibori12.jpg kibori2.jpg
大きなキボリ作品も持って来てくれました。

海側の壁をぐるっと見るとこんな感じ。

yonaga006.jpg

yonaga008.jpg

yonaga007.jpg

yonaga018.jpg
奥から、tobuhonさんの鯖ッチ(3,564円〜)など

yonaga32.jpg
昭和初期の童画家・武井武雄が創刊した「コドモノクニ」のコラボコーナー

yonaga039.jpg
ハンカチ(648円)やは絵本の見開きページのデザインです。

yonaga040.jpg
ポストカード(162円)

yonaga022.jpg
布仁美さんのてまり

yonaga046.jpg
こちらは一番大きい直径12cmの作品です(8,000円)。

yonaga023.jpg
福田利之さんと布さんのコラボ羽子板(非売品)

yonaga026.jpg
津軽の下川原焼き職人・阿保正志さんの鳩笛など

yonaga041.jpg
ペンダントにできる小さなものは864円です

yonaga045.jpg
鳩型(大1080円・小864円)も人型のもの(1,080円)も吹けばホーとやさしい音がします。
江戸独楽職人・新山民夫さんのおばけ独楽(4,644円)もあります。

yonaga009.jpg
入口横の壁です。

yonaga027.jpgyonaga029.jpg
昭和30年代のヒーロー湯飲み(1080円)や昭和40年代のタイル(648円)などを販売

yonaga028.jpg
ハンカチ(648円)やノート(432円)など妖怪グッズ(ウォッチはありません!)も販売。

yonaga047.jpg
妖怪の絵が付いた箱入り・くろ(蕎麦の実)こんぺいとう(648円)

yonaga024.jpg
ちんどん屋・華乃家ケイさんのつまみ細工かんざしも展示しています。(非売品)

お馴染みのレトロ雑貨もたくさん並んでいます。

yonaga037.jpgyonaga038.jpgyonaga048.jpg
ペーパー(376円〜)・ハンカチ(648円〜)・手ぬぐい(1,080円)・ふろしき(1,080円)などのほか、それらを使って作ったたがま口(1080円)やポーチ(2160円)、ブックカバー(1,080円)もあります。

14・15日には大阪・堀江の沖縄料理店ポーポー屋が出張カフェ「宴」屋を営業して下さいました。

po-po-2.jpg
あまがし(沖縄風冷やしぜんざい 400円)・シフォンケーキ(シィクワサーと黒糖の2種 350円)・小梅ソーダ(400円)が人気。

夜長堂さんが日本中を歩き回って見つけた・出会った、素敵なモノ・コト・ヒトを紹介した「夢売り巡業『宴』(UTAGE)」は9月21日(日)の午後6時までです。
イベントは終わりましたが代わりに展示はゆっくり見ていただけますので、会期後半もお待ちしております。


posted by STAFF1号 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103606987
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック