2015年11月24日

Hisako Hanioka 展「私と蝶々の世界」、開催中です

今週一週間はHisako Haniokaさんの個展「私と蝶々の世界」を行っています。

honey34.jpg

彼女はVieの絵話塾のデッサンやイラストクラスに数年通っていた熱心な方で、今回は満を持しての個展開催になりました。

honey32.jpghoney33.jpg
主な画材はこの「プリズマカラー」という150色の色鉛筆だそうで、これとアクリル絵の具などをミックスして色鮮やかな作品を描いています。

では展示の様子を見ていきましょう。

honey02.jpg
エレベーターホールから中を見たところ。

honey03.jpg
前室にはご挨拶とプロフィールが貼ってあります。

honey04.jpg
入口からギャラリー内を見たところ。

honey01.jpg
入口から山側の壁を見たところ。

honey07.jpg
山側の壁です。

honey05.jpg
奥の大きな作品。

honey08.jpg
海側の壁です。

honey06.jpg
海側と入口横の壁です。

honey09.jpg
入口横には小さな作品が飾られています。

それでは詳しく見て行きましょう。山側の壁から時計回りに行きます。

honey12.jpg
B3サイズのイラストボードに描かれた2つの作品をくっつけて展示しています。
タイトルは1点をのぞき全て「私と蝶々」です。(1点20,000円)

honey13.jpg

honey14.jpg

honey15.jpg

honey16.jpg これは奥の壁に掛けられた作品です。

honey11.jpg
奥の大作は高さ1.3m × 幅10m の紙に描かれています。(実際に描いているのは5mほど)
これも蝶々と、左の方には蛇を描いたのだそうです。(300,000円)

海側の壁に移ります。

honey17.jpg

honey18.jpg
これらも山側の作品と同じB3サイズのイラストボードに描かれています。(20,000円)

honey19.jpg
これは小さなキャンバスに描かれています。(10,000円)

honey20.jpg
額装されたDMの原画(17,000円)

honey21.jpg
B3イラストボードに描かれた作品を額装したもの(22,000円)

honey31.jpg
これだけは「若さって何?」というタイトルが付いた、水彩と色鉛筆で描かれた額装作品(25,000円)は、映画「ロミオとジュリエット」の音楽(What is a youth)を聞きながら描いたのだそうです。

入口横の壁には小さな作品が飾られています。

honey25.jpg

honey24.jpg

honey23.jpg
大きさはまちまちですが、ほとんどが和紙に描かれています。(大5,000円・中4,000円・小3,000円)

honey22.jpg
この作品だけはイラストボードに描かれています。(10,000円)

台の上にも小さな作品がいっぱい置かれています。

honey26.jpghoney27.jpghoney28.jpg

honey29.jpg
honey30.jpg
いちばん小さいポストカードサイズにも濃密な世界が表現されています。

Hisako Hanioka さんの「私と蝶々の世界」は、26日(日)の午後6時までです。
ぜひ会場にお越しいただいて鮮やかな世界に触れて下さい。お待ちしております。

posted by STAFF1号 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/168489840
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック