2018年12月24日

太田朋さんの個展「のこりもの」は明日24日(月・振休)の18時までです

太田朋さんの個展「のこりもの」。先日は会場の様子をご覧いただきましたが、今回は個々の作品を見ていきましょう。
前室の作品は既にご紹介したので、室内のものをご覧ください。
最初は、入口横・受付近くの壁に掛けられた作品です。(価格は税抜き表記、価格がないものは売約済みです)

2018tomo49.jpg「無題」(¥25,000)

続いて、山側の壁から時計回りに見ていきましょう。

2018tomo13.jpg「ぼくは 今 ぼくになった。」

2018tomo17.jpg「ぼくは 昔 種だった」(¥10,000)

2018tomo18.jpg「ぼくは 昔 海だった」(¥20,000)

2018tomo19.jpg「ぼくは 昔 樹だった」(¥10,000)

2018tomo20.jpg「ぼくは 昔 鳥だった」
(3点で¥25,000)

2018tomo21.jpg「ぼくは 昔 オオカミだった」(¥10,000)

次に台の上を見ていきましょう。

2018tomo12.jpg Mailleさんとのコラボ作品 2018tomo22.jpg(オブジェ¥15,000、ブローチ¥4,500〜6,000)

2018tomo16.jpg 2018tomo23.jpg絵付けした陶芸作品 2018tomo14.jpg 陶芸家・劉長煒さんとコラボ 2018tomo15.jpg 価格は¥5,000〜25,000

奥の壁・左側にある作品です。

2018tomo50.jpg「無題」(¥20,000)

奧の開口部にある作品です。

2018tomo24.jpg 2018tomo25.jpg

奧の海側の壁です。

2018tomo27.jpg
「月のような 日のような」(¥30,000)
2018tomo28.jpg
「ちいさな光を届けたいのです。」(¥30,000)

2018tomo29.jpg 2018tomo30.jpg 紙のオブジェは大人気でした

海側の壁に移ります。

2018tomo32.jpg「静かな時間」(¥30,000)

2018tomo33.jpg
上「ぼくの山へおいで」(¥25,000)、下「ぼくの山」(¥20,000)

2018tomo35.jpg 2018tomo36.jpg
「静かなもの」(¥25,000)/「うごめくもの」

2018tomo37.jpg オブジェ(各¥8,000)

2018tomo39.jpg(各¥1,500〜2,000)

2018tomo41.jpg 「星の宿り」(¥25,000)2018tomo40.jpg「いつかの人たち」2018tomo51.jpg「ちいさな羽音」(¥20,000)

海側の右隅の作品です。

2018tomo43.jpg「お守り」(非売)

入口横・海側の壁には竹ペンと墨汁で描かれた、味のある線画があります。

2018tomo46.jpg 「幾多のトンネル」(¥20,000)2018tomo47.jpg 「ぼくの棚」(¥20,000)2018tomo48.jpg「ぼくが持ってゆくもの」(¥20,000)2018tomo44.jpg
これらはお一人の方にセットでお買い上げいただきました。

会期途中の14日(金)には、絵話塾での教え子・藤野翔真さんの音楽ユニット“the caves” のライブがありました。
こちらから→動画をご覧ください。

そして、22日(土)には、先月 “1003”さんで朋さんと二人展をしておられた上村亮太さんが「ひまわり仮面」になって訪問して下さいました。

2018tomo53.jpg ひまわり仮面と朋さん 2018tomo52.jpg 来られる前には礼儀正しく連絡をいただいた後、
疾風のように現れて疾風のように去って行かれました。さすがスーパーヒーロー!

ということで、たくさんのお客様に来て頂いている太田朋さんの展示も明日24日(月・振休)18時までとなりました。兵庫県美で行われている「サヴィニャック展」も明日まで。ハシゴで来られる方も多いようです。
どちらも素敵な作品展ですので、どうぞお見逃しのないようお願い致します。


posted by STAFF1号 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 「てまり」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185253646
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック