2012年02月06日

ウフフてまり教室「Mari-gold TEN」始まっています

mari04.jpg ギャラリーでは2012年最初の作品展
 として先週の火曜日1月31日から
 2月11日の土曜日まで、
 Vieのスタッフでもある てまり作家の
 布 仁美 が
 昨年一年間続けたワークショップで
 一緒にてまり作りをした
 生徒さんとの作品展を開催中です。
 (最終日は18時まで)












参加メンバーは、布 仁美さんご本人のほか、絵本ちゃん・尾崎カズミ・久保今日子・ΚΨΘΚΘ・こうらかたともみ・こにしあけみ・さーしゃ・高科敦子・花房アリス・東 美希・フヂッコ・龍之介さん 達合計13名。

全員がてまり作りは初めてというところからスタートし、約2ヶ月に一度行われるワークショップに参加しているうちにどんどんハマって、今ではてまり作りの虜になってしまいました。

そこで、てまりの魅力をもっと沢山の方に知っていただこうと今回の作品展開催に至りました。

NHKや神戸新聞で紹介していただいたこともあり、連日大勢の方が見に来て下さっています。
中にはご自分も作ってみたいとおっしゃる方も。。。昨日と今日は初めての方向けのワークショップも行いました。
 

それでは早速展示の様子を見ていきましょう。

mari02.jpg 部屋に入ってすぐ東側の壁には
 ワークショップで習った
 伝統的なパターンが
 5つ並べられています。

 作り方の説明の下には布さんが
 皆と一緒に授業で作った
 その柄のてまりがずらり。
 同じパターンでも糸の選び方で
 全く違う作品になるのが
 てまりの奥深いところ。


だから皆、次はどんな色にしようかな?どんな柄にしようかな?とハマってしまうのでしょうね。


まずは布先生の作品を。
「てまり」という概念を覆すような、様々なテクニックを駆使して作られた
けれども可愛らしくてほっこりする、そんな作品たちが並んでいます。
作品と一緒にポスターやパラパラミニ絵本、ポストカード等も販売しています。

mari_nuno1.jpg mari_nuno2.jpg

続いて海側の壁を一巡り。次は東美希さんの作品です。彼女は細かい地割がお得意のよう。
小さなてまりはマグネットになっており、ブリキの板にくっつけてディスプレイしてあります。

mari_higashi1.jpg mari_higashi2.jpg


フヂッコさんの作品は個性的な色合わせが魅力。植物の刺しゅうを施した力作があります。

mari_fuji1.jpg mari_fuji2.jpg


高科敦子さんは繊細できっちりした作品を作られます。どこか異国の民芸品のような雰囲気が漂いますね。

mari_atsuko1.jpg mari_atsuko3.jpg



絵本ちゃんの作品はパステルカラーが春を思わせて、何ともいえず可愛らしいですね。
小さなてまりをあしらったディスプレイも素敵です。

mari_tani1.jpg mari_tani2.jpg



さーしゃさんは基本のパターンをきっちり習得された上で
苔玉をイメージしたというグリーンの作品を制作。シックで素敵ですね。

mari_sacha1.jpg   mari_sacha2.jpg













































尾崎カズミさんの作品は、伝統的なパターンのものと、同じ糸を使った刺しゅうの作品が目を引き、まるで有名デザイナーの洋服を見ているようです。

mari_ozaki1.jpg mari_ozaki2.jpg

窓際に置かれた久保今日子さんの作品は、雪と太陽と星をイメージしたもの。
羽根やラメ糸の扱いが素敵です。

mari_kubo1.jpg mari_kubo2.jpg







































小西朱美さんの作品では紅白の椿の花をイメージした3点が目を引きます。
小さな花はまだ蕾なのでしょうか。裏側はちゃんと萼になっていて花を支えています。

mari_konishi1.jpg mari_konishi2.jpg



































こうらかたともみさんは、色使いが対照的なパターンを出品。
同じ人の手にかかっても、淡い単色の糸と濃いコントラストの糸ではこんなに表情が変わります。

mari_kourakata1.jpg mari_kourakata2.jpg


山側に並んだΚΨΘΚΘさんの作品は鮮やかな色使いと、全体を覆い尽くすパターンが特徴。
五角形のバラ柄は地割りに苦労したそうですが、ミニてまりは逆にグッと手抜きだそうで(笑)

mari_kyoko1.jpg mari_kyoko2.jpg


龍之介さん(というアーティスト名の女性です)の作品は細い糸で繊細に作られており
シャープでモダンな現代風のパターンになっています。糸の光沢が素敵ですね。


mari_ryu1.jpg mari_ryu2.jpg


花房アリスさんはとてもたくさん出品されています。
普段からお友達にプレゼントしたり、積極的にてまり作りを楽しんでいるそうです。

mari_alice1.jpg mari_alice2.jpg


「Mari-gold TEN」は11日の18時までです。
寒い季節に心があったかくなるようなてまりたちをどうぞ実際手にとってご覧下さいね。

posted by STAFF1号 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53475267
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック