2012年05月05日

「おはなしのはじまり展2」開催中

ギャラリーではゴールデンウィーク中の5月1日(火)〜12日(土)、「おはなしのはじまり展2」を行っています。
良いお天気が続き(ギャラリー内は暑いほどです!)、3日(木)には神戸新聞の記事にしていただいたこともあり、連日ご家族連れやカップルのお客様が沢山来て下さっています。
旅行やら、野外のイベントやら、楽しい事がいっぱいの連休に、Vieを選んで下さってありがとうございます。

ohanashi2_03.jpg

この展示は、絵本ゆっくりA・6期生(2010年度)として絵話塾で学んだ生徒さん達が
昨年夏に初のグループ展「おはなしのはじまり」を行い、
その時多くの方々と出会い、貴重な意見を頂き、次へ進むための原動力を得た経験を胸に再び作品制作に取り組み、今年第2回目のグループ展を行うものです。

それでは展示の様子をご紹介していきましょう。

ohanashi2_01.jpg  入口から正面を見たところ。

















 ohanashi2_02.jpg 入口から海側の方へ。














 
ohanashi2_04.jpg 海側の壁です。











 



ohanashi2_06.jpg 奥の窓際から
 海側の壁方を見たところ。














ohanashi2_05.jpg 山側はこんな感じです。













今回の参加メンバーは、大和 綾・はしもと ふみ江・宮崎 愛・長谷川 昌子・さわ きょうこ・菅野 結花・にし のりほ・ハシモト アキ・宮里 響・広中 香織・八尾 慶次・魚住 香奈・秦 敬仁・ムラカミ マサコ・木村 美幸 さんの15名。大勢なのに良くまとまっていて、レベルの高い展示だと思います。

それでは一人ずつ見て行きましょう。


ohanashi2_08.jpg 入口左側のコーナーは、秦敬仁さん。
 『なんとか毎日暮らしております』

 絵本「しらないおじさん」、
 絵本「四月のはなちょうちん」の原画5点と
 キャラクターのオブジェ、
 大作「佐藤精肉店」を展示。
















ohanashi2_09.jpg 海側の一番左は、
 はしもと ふみ江さん。
 『川西市在住、豊中市勤務。
 レバノンにいるパレスチナ
 難民キャンプの里子を
 描きました。
 今年4歳になる男の子です。
 彼がどんな人生の物語を
 つむいでいくのか
 楽しみにしています。
9/13(木)〜18(火)箕面のミカリギャラリーにて展示予定です。』

作品は「どこどこどこ?」(水彩色鉛筆)、「サレ−君」(透明水彩・水彩色鉛筆)「またあえたね」(水彩色鉛筆)です。


ohanashi2_10.jpg 続いては宮崎 愛さん。
 『私が宮崎 愛です』

 アクリル絵具とカラーインクで描いた
 「目がテントウムシ1」「目がテントウムシ2」
 「絵1」「絵2」「絵3」と小物たち、
 ミニ絵本「くろまめ」を展示。















ohanashi2_11.jpg 次はハシモトアキさん。
 『のんびり、ゆっくり修行中。これからも』

 クマをテーマにした連作
 「木に登る」「泳ぐ」「夜」「bee」
 (水彩・その他)を展示。

















ohanashi2_13.jpg そして菅野結花さん。
 『仕事したり主婦したり、
 ねむたい毎日。
 私の口ぐせから
 生まれた作品です。
 ずいぶん未熟な作品ですが、
 みなさんの手の中で
 おもしろく動いてくれたら
 幸せです。』

 絵本「ねむやまさん」
 (小麦粘土・布・ナノブロッ
 ク・チョコレート)を展示。


ohanashi2_12.jpg 宮里 響さん。
 『絵の上手な祖母が譲ってくれた
 絵の具と色鉛筆で描きました。
 私の「好き」がつまっています。』

 作品は「あさ」「さんかく」「ヤッホー」
 「きいろ」「ほっ、」の5点です。
















ohanashi2_14.jpg 海側の最後は木村美幸さん。
 『障害児教育に携わるようになって5年。
 視覚に障害があっても楽しめる
 絵本が作りたいと思って始めた
 絵本作りもまだまだ発展途上ですが、
 いつかきっとユニバーサル絵本を
 つくりたいと思っています。』

 作品は銅版画「ただいま」「RYU」
 (エッチング・アクアチント)、
 ステンドグラス「はやくア・イ・タ・イ」
 (ガラス・ハンダ・ブラックパティ
 ーナ)、裂き織「いつもいっしょ」
 (インドシルク・毛糸・布・綿・麻ひも・
 スパンコール他)とさまざまな形態で。





ohanashi2_15.jpg 窓に挟まれた正面は、八尾慶次さん。
 『精神統一にと写経を初めてみたら、
 漢字が難しくて写仏になり…
 ウェルカムボードの制作を頼まれた
 友人に「ウェディング ウェディング」
 を見せたら「似顔絵にしてくれ」と
 冷たく言われ…
 余った絵の具がもったいなくて、
 ポストカードを描いていたら
 とっぷりと日が暮れたので、
 ランプに灯を点して
 鉦を鳴らす休日のひととき。』

 作品は「ウェディング ウェディング」
 (アクリル・透明水彩)と
 「ねんぶつ ねんぶつ 800羅漢図」
 (アクリル)、
 絵本「じゅうたい じゅうたい」。
ディスプレイ用のラックやケースも手作りです。お客様からは羅漢図の中からウリ坊やテントウウシを探すクイズが好評です。


ohanashi2_16.jpg 正面の椅子の上にはムラカミマサコさん。
 『パリで出会った素敵な出来事を
 表現してみた』

 カンバスにコラージュした作品は
 「パリでのおはなし(2011)」
















ohanashi2_17.jpg 山側の壁、一番左は広中香織さん。
 『1980年生まれ。西宮市在住』

 作品はアクリル絵具で描いた「untitled」



















ohanashi2_18.jpg 続いて さわ きょうこさん。
 『娘の誕生をきっかけに、
 彼女への贈り物として絵本を造りはじめました。
 自分を取り巻く大切な人を
 笑顔にすることが出来たらすごく嬉しいです。』

 絵本「こわいのこわいのどっかいけ」
 (布・刺繍糸・ビーズ)と、その原画を展示。

 今日はその2歳になる娘ちゃんも
 来ておられました。










ohanashi2_19.jpg 次は にし のりほ さん。
 『1987年生まれ、大阪在住。
 くすっと笑って笑顔になれるような
 絵本がかきたいです。』

 作品は絵本「すわりたいくん」と、
 その原画「ぼくのイス」
 (アクリル、アクリルガッシュ)














ohanashi2_20.jpg 魚住香奈さん。
 『今回はコラージュに
 チャレンジしました。
 なかなか難しかったですが
 楽しかったです。
 好きな絵本作家はレオレオニさん。』

 作品は、絵本「モケ」と
 その原画「あたたかくなると」
 (いずれもクレヨン・アクリルガッシュ・
 水彩色鉛筆)です。










ohanashi2_23.jpg 長谷川しょうこさん。
 『時間に追われる日常の中、
 グループ展という目標ができたことで
 自分と向き合う時間を過ごす
 楽しさを見つけることができました。』

 作品は、絵本「あしたはぼくのでばん」(色鉛筆)と、
 油彩画「どうしようかな」、 
 人形「まるちゃん」(布)と多彩です。













ohanashi2_24.jpg 最後は大和 綾さんです。
 『絵を描くこと
 それは心の中を見つめること
 愛するものを見つめること
 そして出てきたひとしずく
  私のかけら、私の結晶、
 私の絵。』

 作品は「泉のほとりで」
 (透明水彩・パステル・
 色鉛筆・アクリル・胡粉)、
 「私が見てる」(透明水彩)、
 「Crecent moon love」
 「いっぴきおおかみ」(パステル)、「ミカヅキライブ」「一匹狼」(木版画)。同じテーマをパステルと木版画で描き分け、それを並べて展示しているところが興味深いです。


「おはなしのはじまり展2」は来週5月12日(土)の18時まで。見応えのある展示ですので、ゆっくりお楽しみ下さい。(ウリ坊探しも楽しいですよ!)




posted by STAFF1号 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55676301
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック