2012年08月20日

「ヘルメット展」連日賑わっています

お久しぶりです!
Vieは先週夏休みをいただいておりましたが、昨日から元気に再開しています。
8月6日から始まっている「ヘルメット展」も、暑い中大勢の方々に来ていただいてギャラリーは大盛況です。
当初は作品が間に合わない方もおられましたが、お休み前に一般参加の方52名・58点、招待作家15名・16点全ての出品予定作が揃いましたので、見応えたっぷりとなっています。
最終日26日(日)まで無休で突っ走りますので、今年の夏の思い出に「ヘルメット展」をぜひご覧下さい。

では、例によって会場の様子をご紹介いたします。が、今回は点数が多いので集合写真でお許し下さい。
また、撮影した時期によって位置が変わっている物もあることを予めご了承下さい。

室内に入ると、様々なアイデアに溢れたヘルメットたちが目に飛び込んで来ます。

helmet005.jpg

部屋に入ってすぐ、挨拶文の横に飾られているのは、
Vieのスタッフで手まり作家でもある布仁美の「まりメット」です。

helmet006.jpg

部屋の奥から見た海側はこんな感じ。
アンリ・マティコことスタッフ和佐真智子の「マチコの静物画〜NATURE MORTE SUR TABLE MARBRE」や
タカギミドリさんの「熊出没中」などがあります。

helmet014.jpg

テーブルにはいつものメッセージカードの他にヘルメット型の紙を用意して
見に来られた皆さんにも「ヘルメット展」に参加していただいています。
(参加費は無料ですが、震災チャリティ企画として小銭のご寄付をお願いしています)
毎日少しずつ壁のヘルメットカードが増えていくのが嬉しいです。(下は19日現在)

helmet102.jpg

海側から奥のスペースはこんな感じ。
ヘルメットをクラゲに見立てたア真由美さんの「海月」や
オプションの着せ替えパーツがいっぱい付いたATSUCO PAN CAKEさんの「HELMECCO」など。

helmet091.jpg

正面には、寺田順三さんの「大事なところを守りましょう」や
ウエダヘルメット制作所さんの「兜隠し〜白無垢」などがあります。

hel002.jpg

正面奥の山側には、もりまゆみさんと眼福ユウコさんがそれぞれ大人用と子ども用のヘルメットで大小の組作品を出品しておられます。

helmet093.jpg

山側の一番奥には宇都宮主さんのオリンピックネタ「ペチャジャパン」や
こだまなつみさんのガーリーな「グッドモーニング」などがあります。

helmet094.jpg

その隣のコーナーには、ひのつぼゆみさんがヘルメットた上に紙やすりをかけて色鉛筆で描いたものと、林ゆかりさんが水溶性油絵具で描いた2組の組作品などがあります。

helmet095.jpg

山側カウンターの左側はみどさんの「本日も後安全に!」や
中村昌平さんの「猫をかぶる」など。

helmet096.jpg

その隣は夏の公募展皆勤賞の林眞吾さんの「ネオアームストロング サイクロンジェット アームストロング 猫ヘルメット」(2000円で販売)や、夕子さんの立体作品「egg」など。

helmet097.jpg

山側ラストは千崎輝幸さんの「猫ちゃんサンバ」。夏らしい金魚のグッズも一緒に販売しています。

helmet098.jpg

真ん中のスペースには招待作家さんの作品を中心に飾ってあります。
この画像では奥の方にあるのですが、黒い鳥の形をした作品は玉村ヘビオさんの「くろいはくちょうすなわちこくちょう」(4800円で販売)が目立ってます。

helmet009.jpg

スズキコージさん・大畑いくのさん・びねちゃんが親子3人で出品して下さっていたり
VieではおなじみのWAKKUNや太田朋さん、ソラミミスト・安齋肇さんの作品「地獄にメット(HELL MET BUDDHA)」、
福田利之さんのキュートな下ネタ風作品「鎮火」もあります。

helmet010.jpg

高畠那生さんの「オブジェ(ヘルメット型)」は9月4日〜15日の個展にも登場するかも?
イナキヨシコさんや山田タクヒロさんの作品は、素敵なデザインなので普通に被って使いたくなります。

helmet103.jpg

遅れて到着したので集合写真には入っていませんが
荒井良二さんの大小組作品は「Children are!在るこども(りんご)」と「Children are!在るこども(バナナ)」。

hel_arai01.jpg

おさないまことさんのはヘルメットを氷の海に見立てた「しろくまぐみ」。
見ているとひんやり涼しくなってきそうです。

helmet089.jpg

もちろん、ここで詳しくご紹介できなかった中にも素晴らしい作品がたくさん並んでいますので、全部お見せできないのが申し訳ないです。
中には遠い所から作品をお送りいただいて、実際の展示は見に来られない方もいらっしゃいますから、後日サイトの方ででもご紹介出来れば・・・と思っております。

また、見に来られた方の中には「私も出品したかった!」とおっしゃる方もちらほらおられます。
次回の公募展についてまだ何も決まってはおりませんが、ご興味がおありの方は
こちらのメールフォームから「公募展用紙希望」にチェックを入れてお送り先の住所とお名前を入力のうえ、ご連絡下さい。
詳細が決まって応募用紙が出来あがり次第、お送り致します。

それでは26日(日)まで残り一週間、Vieのギャラリーでお待ちしております。

posted by STAFF1号 at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57678467
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック