2012年10月26日

「こにし美砂展」は28日(日)まで

Vieでは2009年・2011年に続き3度目の個展となる現代美術作家の こにし美砂 さん。ご主人の由利五右衛門さんとともに、長年に渡って精力的に作品を制作・発表されています。

12konishi07.jpg

前回は「水の彩り」と題して梅雨のシーズンを意識したような展示でしたが、今回はタイトルをシンプルに「こにし美砂展」とし、鮮やかな色彩の抽象画にシンプルな線で描いた人物や動物を貼り込む、ここしばらく行っていなかったという手法の作品で臨みました。秋らしく、赤や黄色など色づいた木々のような暖かい色調の作品が目立っているようです。

では、会場をぐるっと見て行きましょう。

12konishi01.jpg

入口を入ったところ。
今回は半面使用で、海側には比較的大きな作品を、山側には小さめの作品とポストカード等が並んでいます。

12konishi02.jpg

海側の壁を奥から見たところ。鮮やかな作品が整然と並んでいます。

12konishi08.jpg

12konishi05.jpg

入口横の大きな作品は「美のみなもと」(\60,000)。右下の白い犬の表情が気になります。

12konishi06.jpg

青い中に何かが泳いでいるような、飛んでいるような作品は「海の向こうか 空の向こうか」(\45,000)。いつも絵が出来上がって最後に付けるというタイトルが、良いスパイスになっているようですね。

次は山側の壁です。

12konishi03.jpg

入口から見たところと

12konishi04.jpg

奥から見たところです。

12konishi11.jpg

1点ずつ見ても素敵なんですが、こうやって並べて飾ると迫力がありますね。
左上から右下へ「夕焼け三昧」「まだ先は長い」「ここではない」「shy」と並びます。(いずれも\35,000)

12konishi09.jpg

そして、一点一点 こにしさん が手描きされたカラフルなポストカードがずらっと並びます。(いずれも\300)
小さいけれど立派な作品ですから、好きな色や模様のカードを選んで誰かにお便りを出すも良し、お部屋に飾るも良し。飾る時も無造作にピンで留めたり、きちんと額装したり、いくつかまとめて飾ったらまた表情が変わって面白いですね。

そして毎回好評なのが、こにしさんとお客さんが一緒に絵を仕上げるコラボレーション企画。

12konishi10.jpg

大きな紙にこにしさん が予め色を塗って用意した下地に、お客さんが色鉛筆やマーカーで好きな絵を足していきます。
こにしさん が塗った色が何かの一部に見えたり、白いところを何かで埋めたり、一人一人が描いたパーツとパーツが繋がって一つの作品に仕上がっていくのです。
この写真は初日に撮影したものですから、今はもっと紙の上に沢山の方々の描いた絵がありますが、残り2日でもっともっと大勢の方々に参加していただき、素敵な作品に仕上がればいいなと思います。

「こにし美砂展」は10月28日(日)の18時まで。どうぞお見逃し無く!!!









posted by STAFF1号 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59548986
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック