2019年01月30日

ささめやゆき絵本原画展+作品展の展示風景(1)

Vieの2019年は、1999年のオープン当時からラブコールを送り続けた ささめやゆき さんの絵本原画展+作品展から始まります。

yuki01.jpg

今回は地元神戸の出版社・BL出版から昨年10月に出版された絵本『まめつぶこぞうパトゥフェ』原画と、2月1日に発行されるリノリウム版画集『But と Or』に載っている版画作品をずらりと並べて展示し、オリジナルの手描き作品も数点飾られています。(絵本原画以外は販売)

それでは早速会場の様子をざっと見ていきましょう。まずはエントランスから。
※点数がたいへん多いので、何回かに分けてご紹介します。

yuki02.jpg
エレベーターホールから中を見たところ

yuki03.jpg 前室から中を見たところ

yuki04.jpg 入口から奥を見たところ

yuki06.jpg 山側の壁には絵本の原画がずらり

yuki07.jpg 奧と、海側の壁です
奧には絵本の原画、海側には版画集に収められた作品等が並んでいます。

yuki08.jpg 海側の続きと入口付近
海側と入口横には版画等が、受付横には絵本の表紙の原画があります。

個々の作品もご紹介します。

yuki09.jpg yuki11.jpg
前室にある版画の大作は『P-work』。たくさんの人が描かれています。作品に添えられた手描きのキャプションも味がありますね。

受付横の壁にあるのは絵本『スペイン カタルーニアのむかしばなし〜まめつぶこぞうパトゥフェ』(文・宇野和美/絵・ささめやゆき)の表紙です。

yuki12.jpg まめつぶのように小さい男の子のお話。

yuki13.jpg yuki14.jpg yuki15.jpg yuki16.jpg yuki17.jpg yuki18.jpg yuki19.jpg yuki20.jpg yuki21.jpg yuki22.jpg yuki23.jpg yuki24.jpg

どんなお話か分かりましたか? 他の国にも一寸法師のようなお話があるのですね。

yuki92.jpg
『パトゥフェ』以外の絵本も販売しています。

本日はここまで。次回は『But と Or』に収められた版画とオリジナル作品をご紹介します。


posted by STAFF1号 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展

2018年12月19日

太田朋さんの作品展「のこりもの」開催中です

Gallery Vie 2018年最後の作品展は、2年ぶりになる太田朋さんの個展「のこりもの」です。
タイトルの「のこりもの」は、「あまりもの」という意味では決してなく、
「あの日 あの時 あの場所で見た 景色やできごと。
  ゆっくりと 輪郭を失って ぼくのなかに 残ってゆくもの。」
むしろ「たいせつなもの」が描かれているように思います。

2018tomo10.jpg

それでは、会場の様子をざっと見ていきましょう。(価格は税抜きで表記しています)

2018tomo01.jpg エレベーターホールから中をのぞむ

2018tomo02.jpg 前室の作品です

2018tomo03.jpg DMの原画です(¥20,000)

2018tomo05.jpg 真鍮と木による立体作品

2018tomo04.jpg このタイプの作品が大人気です

それではギャラリー内を見ていきましょう。

2018tomo06.jpg 入口から奥を見たところ

2018tomo07.jpg 山側の壁です

2018tomo08.jpg 奧と、海側の壁です

2018tomo09.jpg 海側の続きと、入口横の壁です

2018tomo11.jpg 山側部分

2018tomo26.jpg 奧部分

2018tomo31.jpg 海側の左部分

2018tomo34.jpg 海側の中央部分

2018tomo38.jpg 海側の右部分

2018tomo42.jpg 入口横の海側部分

今日はここまでです。次回は個々の作品を見ていきますので、今しばらくお待ち下さい。
posted by STAFF1号 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展

2018年12月12日

おさないまことイラストレーション展「いまここにいること」続報です

先日は会場全体の様子をお知らせしたおさないまことさんの個展。今回は個々の作品をご紹介します。
前室の作品は前回お見せしましたので、室内の作品を時計回りにご紹介しましょう。

入口横、受付の側の作品です(価格は全て税抜き表示になっています)

2018makoto16.jpg 「Surfers」(¥48,000)

山側の壁に移ります。

2018makoto17.jpg「愛と平和」2018makoto18.jpg「秋のウクレレ散歩道」2018makoto19.jpg 無題 2018makoto20.jpg「幸せの赤い鳥」(¥40,000)2018makoto21.jpg「萌える六甲山」(¥48,000)2018makoto22.jpg 無題 2018makoto23.jpg 「HammingBirds」(¥48,000)2018makoto24.jpg 「歌う木漏れ日」(¥40,000)

奧の山側の壁の作品です。

2018makoto25.jpg「Red Rose」「DandeLion」(各¥38,000)
※画像をクリックすると大きくなります↑

奧にはオリジナルグッズがたくさんありました。

2018makoto27.jpg 2018makoto28.jpg 2018makoto26.jpg 持ち手がウクレレになっています
「Paralele」(¥13,800)パラソル+ウクレレ=パラレレ だそうです。

2018makoto31.jpg 2018makoto06.jpg 2018makoto47.jpg 2018makoto30.jpg おさないさん手作りのぬいぐるみ
「Fywa Fuwa Mogu Mogu UKULELE」(¥3,800)は各々表情やプロポーションが違います。
おちびさんもいれば、ぽっちゃりさんもいて、どれもみんなカワイイ!

2018makoto41.jpg 2018makoto39.jpg 2018makoto40.jpg 2018makoto38.jpg
台の上にはカワイイ物が並んでいます。カレンダー¥800、ピンバッジ・キーホルダー・お家型オブジェ¥350、がま口¥3800〜、ポストカード¥150など。

奥の壁の作品です。

2018makoto37.jpg 2018makoto32.jpg
「Hawaiian Ukulele 花鳥風月」/「ウクレレの花瓶 歌う花」(¥40,000)
2018makoto33.jpg クリスマスリース(¥58,000)2018makoto34.jpg 「夕陽」(¥18,000)2018makoto35.jpg
「Santa Star Marry Christmas!」(¥38,000)2018makoto36.jpg
「青さんと黄色さん」(¥38,000)

続いて海側の壁に移ります。

2018makoto42.jpg 左部分 2018makoto49.jpg 「深海の不苦労」(¥48,000)2018makoto50.jpg 「白夜行」(¥38,000)2018makoto52.jpg 「月が綺麗ですね」(¥38,000)2018makoto51.jpg 2018makoto53.jpg
立体作品 左 ¥20,000/右 ¥35,000

2018makoto48.jpg 中央左
2018makoto54.jpg 2018makoto55.jpg
「祈り」/立体(¥35,000)
2018makoto56.jpg 「密約」(¥40,000)2018makoto57.jpg 立体(¥35,000)2018makoto58.jpg 2018makoto59.jpg
「こころのかさぶたのはがし方」(¥48,000)/立体(¥35,000)

2018makoto43.jpg 中央右 2018makoto60.jpg 「虹の正体」(¥20,000)2018makoto61.jpg 立体(¥35,000)
2018makoto62.jpg 「青い雨」(¥38,000)2018makoto63.jpg 立体(¥35,000)

2018makoto44.jpg 右部分 2018makoto68.jpg 「歌うよ」2018makoto69.jpg 「青い子馬」(¥38,000)2018makoto66.jpg 2018makoto67.jpg
2018makoto70.jpg

最後は入口横の壁です。

2018makoto45.jpg 全体 2018makoto71.jpg 「冬の翼」(¥48,000)2018makoto72.jpg 「陽の光 希望の空」(¥68,000)2018makoto74.jpg 「月光浴」2018makoto75.jpg 「Pigeon」(¥18,000)2018makoto73.jpg 立体(¥20.000)

12月1日(土)にはオープニングパーティーがありました。

2018makoto76.jpg WAKKUNとのトークショー 2018makoto77.jpg 歌っテルさんの弾き語り 2018makoto78.jpg 2018makoto79.jpg 2018makoto80.jpg
お友達と一緒にフラを踊って下さいました。

おさないさんは期間中何度も在廊してお客様のお相手をされたり、最終の土日には似顔絵を描いたりしておられました。

Dt33C2mVYAYxScI.jpg Dt33C2rV4AA-r0q.jpg Dt33C2nVYAofg2L.jpg
会期途中で冷え込んで季節はすっかり冬に変わりましたが、ギャラリー内はおさないさんの作品と、古いレコードが鳴っていって暖かい雰囲気でした。
おさないさん2週間お疲れさまでした。ありがとうございます。
posted by STAFF1号 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展