2018年05月04日

「おはなしのはじまり展 vol.8」開催中です

4月29日(日)からゴールデンウィークの間行っております「おはなしのはじまり展 vol.8」は、絵話塾の絵本ゆっくりコースAクラス第6期の皆さんが、卒業後すぐから続けておられるグループ展で、今年は魚住香奈・木村美幸・にしのりほ・ハシモトアキ・橋本 “nakba” 扶美江・はせがわしょうこ さん達6人が参加されています。

ohanashi8_010.jpg

当初は男性メンバーもおられたのですが最近は女性メンバーばかりになっていて、まとまりも良く、ちょっとしたお客様参加企画があったりもして、連休のお楽しみイベントになっています。卒業後もこうやって、メンバー仲良く作品作りをつづけておられるのはいいことだなぁと思って毎年見させてもらっています。
では、早速展示の様子を見ていきましょう。

ohanashi8_001.jpg
エレベーターホールから中を見たところ

ohanashi8_002.jpg 前室の展示です

ohanashi8_007.jpg ごあいさつ

「私たちは Gallery Vie 絵話塾・絵本ゆっくりAクラス第6期生として出会い、
 2010年に卒業後、毎年グループ展を開催してきました。
 今年は末広がりな8回目!
 メンバーが減ることは少し寂しくもありますが、
 作家としてプロを目指す仲間、結婚して子育て中の仲間、
 違う道へ進んだ仲間… それぞれの人生を応援しつつ
 いつでも帰ってこられるような場所にしたい。
 そんな思いで続けています。
 絵や絵本をはじめ、ものづくりの好きな仲間たちが
 思い思いの作品を展示しています。
 どうぞごゆっくりお楽しみくださいませ。」


ohanashi8_003.jpg 入口から奥を見たところ ohanashi8_006.jpg 山側の壁です ohanashi8_005.jpg 奧と、海側の壁です ohanashi8_004.jpg 海側の続きと、入口横の壁です

それではそれぞれのコーナーをじっくり見て行きましょう。まずお客様に参加していただくコーナーから

ohanashi8_066.jpg ohanashi8_068.jpg ohanashi8_065.jpg
小さなだるまに顔を描いて壁に貼りつけるのと、だるまの顔出しで記念撮影をするのがあって、子どもさんを連れたファミリーに大人気です。

次は木村美幸さんのコーナーです。

ohanashi8_008.jpg さおり織りと草木染めの作品を展示 ohanashi8_012.jpg ohanashi8_009.jpg ohanashi8_011.jpg
「春の訪れ」 「冬でも大丈夫」 「すず風」 「たまにはシックに」
いずれも左の作品は綿の糸を中心に、右の作品はウール100%の糸で織っています。

ohanashi8_013.jpg 草木染めの糸です
ビワ(ピンク)、たまねぎ(黄色)、よもぎ(黄緑)、緑茶(黄緑)を使い、ミョウバンでアルミ媒染すると明るい色に、錆びた鉄釘で鉄媒染をすると暗い色になります。

ohanashi8_014.jpg 「お花が咲いた」
綿布の上にさおり織りの残り糸を散りばめ、上からミシンで留めました

続いては魚住香奈さんです。

ohanashi8_015.jpg ohanashi8_016.jpg
平面・立体作品と、立版古式のイラストマップがあります

ohanashi8_017.jpg「鬼の慰労会」
節分を無事に生き延びた鬼たちの会だそうです。

ohanashi8_018.jpg 「王子公園」
大好きな王子公園近辺のイラストマップ

ohanashi8_019.jpg 「ラジオのあるくらし」

ohanashi8_021.jpg「みんな七転び八起き」(平面)

ohanashi8_020.jpg「みんな七転び八起き」(立体)

ohanashi8_022.jpg「ファーマーズ・マーケット」
ohanashi8_024.jpg ohanashi8_023.jpg
東遊園地で土曜の午前中に開催されているファーマーズ・マーケットの楽しい雰囲気をつくってみました。

次は にし のりほ さん のコーナーです。

ohanashi8_042.jpg 平面・立体とアクセサリーを出品 ohanashi8_025.jpg ohanashi8_027.jpg
ohanashi8_028.jpg「だるまファミリー」

ohanashi8_029.jpg「食べていいもの、ダメなもの」
妊婦さんが気を付けなければいけない食品を描きました。気にしすぎるといろいろ大変なので、ほどほどに。

ohanashi8_031.jpg「最近おぼえた植物たち」ohanashi8_026.jpg 「おなかの中にあるのは」
じぶんのからだがじぶんのものじゃないみたいなふしぎなかんじ

ohanashi8_30.jpg ohanashi8_32.jpg
サテンの布やボタンなどのパーツでイヤリングとピアスを作りました。

次は橋本 “nakba” 扶美江さんです。

ohanashi8_033.jpg ohanashi8_034.jpg ohanashi8_035.jpg 橋本さんの作品は全て平面です

ohanashi8_036.jpg 「拝啓 星空のひと」
おそらへ たびだった あのひとへ

ohanashi8_037.jpg 「かべ」
かべをこえたら、であえた

ohanashi8_038.jpg 「かべ」
いっしょに いこう

ohanashi8_039.jpg 「わたしたちの 星を さがしてる」
あの大切な場所に かえれますように

ohanashi8_040.jpg 「憶念」
意味:ふかく思い、たえず忘れないこと

ohanashi8_043.jpg ohanashi8_041.jpg「わたしの灯台」

ohanashi8_067.jpg 出品作のポストカードを用意

次は、はせがわ しょうこ さん のコーナーです。

ohanashi8_045.jpg ohanashi8_044.jpg ohanashi8_046.jpg ohanashi8_052.jpg 絵本と原画、人形を出品

ohanashi8_047.jpg ohanashi8_048.jpg ohanashi8_049.jpg ohanashi8_050.jpg
こびとたちが力をあわせて ありさんの新しいお家を作ります

ohanashi8_051.jpg 洋服や小物までおしゃれです

最後はハシモトアキさんのコーナーです。

ohanashi8_053.jpg ohanashi8_055.jpg ohanashi8_054.jpg 主に動物を描いた平面作品を出品

ohanashi8_056.jpg 「Homage 〜Billy Goat〜」
「3びきのやぎのがらがらどん」にでてくる一番大きいがらがらどんのような大角のヤギの雄姿を動画で見てあまりのカッコ良さに震えました。

ohanashi8_057.jpg 「Homage 〜Giraffe〜」ohanashi8_059.jpg
「ももいろのきりん」クレヨンの木と描いたものが本物になる画用紙が心の底から欲しかったこども時代(もちろん今でも)

ohanashi8_058.jpg 「Homage 〜Bear〜」
「クマのプーさん」とファミリアのクマたちが私のクマ好きの原点。プーさんの名前の元となったアメリカクロクマWinnieの物語も素敵です。

ohanashi8_060.jpg ohanashi8_061.jpg
「虹 1」/「虹 2」

ohanashi8_063.jpg ohanashi8_064.jpg
ファイルの中にも作品がありました

ohanashi8_062.jpg 出品作のポストカードも用意

ohanashi8_069.jpg ohanashi8_070.jpg

以前の展示でも出品していた、メンバーの皆さんによる手作り絵本もあり、ゆっくり座って読んで頂けるようになっています。

「おはなしのはじまり展 vol.8」は6日(日)の午後6時までです。
お見逃しのないようにお願いします。
posted by STAFF1号 at 18:17| Vieの作品展

2018年04月13日

田島征彦 絵本「のら犬 ボン」原画展 は15日(日)の18時までです

淡路島在住、1940年生まれの田島征彦さんは、双子のご兄弟・征三さんとともに1970年代から日本の絵本界で活躍してこられ、現在もなお新しい絵本のために精力的に取材をかさねているそうです。
昨年秋に出版された絵本「のら犬 ボン」は実際に淡路島で起こっている悲しい現状を描いたもので、田島さんの愛犬ボンや地元で見かけたのら犬たちをモデルに、綿密に行った取材を元に創作したフィクションです。
今回、田島さんにとってVieでの初めての原画展になりました。

bon10.jpg

では会場の様子を見ていきましょう。

bon01.jpg
エレベーターホールから中を見たところ

bon03.jpg 前室の展示です

bon02.jpg 前室から室内を見たところ

bon04.jpg
のら犬ボン より「犬3匹」(型絵染+ドローイング 60,000円)

bon05.jpg
のら犬ボン より「ボンと瀬戸内海」(オリジナル型絵染 40,000円)

bon06.jpg 入口から奥を見たところ

bon07.jpg 山側の壁です

bon08.jpg 奧と、海側の壁です

bon09.jpg 奧から入口側を見たところ

大きなフレームが所狭しと並んでいますね。
それでは入口から時計回りに並んだ原画を見ていきましょう。

bon11.jpg 表紙

bon12.jpg bon13.jpg
上1p,下2-3p             上4-5p,下6-7p
bon14.jpg bon15.jpg
上8-9p,下10-11p              上12-13p,下14-15
bon16.jpg bon17.jpg
上16-17p,下18-19p            上20-21p,下22-23p
bon18.jpg bon19.jpg
上24-25p,下26-27p            上28-29p,下30-31p
bon20.jpg bon21.jpg
上32-33p,下34-35p            上36-37p,下38-39p
bon22.jpg bon23.jpg
上40-41p,下42-43p             上44-45p,下46-47p 
bon24.jpg 上 前後の見返し、下左 48p、下右 裏表紙

迫力のある絵と誰にでも分かるやさしい言葉で、人間の目線と犬の目線、そして愛護センターの人たちの目線で語られる物語は、見る人・読む人の心を打ちます。会場では見ながら涙ぐむお客様も続出しています。

今回は「のら犬 ボン」の貴重なダミー本や、初校・再校まで見られるようになっています。

bon38.jpg
最初のタイトルは「3ひきののらいぬ」、次は「のらいぬ たろう」、最後にやっと「のら犬 ボン」に決まったのですね

「ボン」以外の作品もあります。

bon39.jpg
入口横の壁には、型染めやドローイング作品を展示しています。

bon26.jpg
上「小牧先生と見た風景 1」/下「小牧先生と見た風景 2」 いずれもドローイング 60,000円
bon27.jpg
上「愛犬 ボン」/下「海を見る」 いずれもドローイング 60,000円

bon28.jpg 「ふしぎなともだち」型染め 売約済み
bon29.jpg 「KESARETA KAMI」型染め 30,000円

いままでに出版されたたくさんの絵本も販売しています。

bon40.jpg bon31.jpg 「のら犬 ボン」
bon33.jpg 「じごくのそうべえ」シリーズ
他にもたくさんあり、ほとんどすべての本にサインが入っています。

最後に、4月8日に行われたお話会の様子をご覧下さい。

bon50.jpg bon37.jpg
予約不要でしたので当日までどの程度の方が来て下さるか不安だったのですが、結局50人を超えるお客様が来場され、中には車椅子の方もいらっしゃいました。椅子が足りなくなったり、中に入れなくて前室で見ていただいたりと、ご迷惑をお掛けしてしまいましたが、皆さん熱心に見て下さっていました。
「じごくのそうべえ」「ふしぎなともだち」「のら犬 ボン」の3冊についての制作裏ばなしがあり、その後で先生ご自身による読み聞かせがありました。
お話は知っていても改めて先生の声で「のら犬 ボン」を読んでいただくと、鼻の奥がツンとなって目頭が熱くなるのでした。

田島征彦 絵本「のら犬 ボン」原画展 は15日(日)の18時までです。
迫力のある原画をどうぞお見逃しのないよう、お待ちしております。


posted by STAFF1号 at 23:33| Vieの作品展

2018年03月27日

イシイアツコ「personal reality show」会期を折り返しました

先週の火曜日、3月20日から行われているイシイアツコさんの銅版画作品展「personal reality show」。本日より4月1日(日)までの会期後半に入りました。
毎年この時期に行われるイシイさんの展示は春の訪れを知らせてくれる大切な作品展で、ご本人のお知り合いもVieの関係者も「今年も来ましたよ〜」と、年に一度の同窓会のよう。イシイさんの新作を見ることに加え、久しぶりに懐かしい人に会えることも楽しみの一つです。
先週始まった時はまだ肌寒く、今年の春は遅いのかも…と思っていたら急に暖かくなって一気に桜も咲き始め(花粉もたくさん飛んでいますが)、本当にイシイさんが春を運んできてくれたみたいです。

18ishii42.jpg

それではいつものように展示の様子を見ていきましょう。※写真は初日のものなので既に売れている作品もあります。

18ishii01.jpg
エレベーターホールから中を見たところ

18ishii02.jpg 前室の展示です

18ishii03.jpg
「SOMETHING NEW」「FLYING LOST TIME」(¥18,000+税 ※シート¥15,000+額¥3,000)

18ishii04.jpg 入口から室内を見たところ

18ishii05.jpg 山側の壁です

18ishii06.jpg 奧と海側の壁です

18ishii07.jpg 奧から入口側を見たところ

18ishii39.jpg 受付横の作品
「BEING QUEEN」(¥18,000+税 ※シート¥15,000+額¥3,000)

18ishii35.jpg 18ishii36.jpg
「LiKE THE WINGS」(¥18,000+税 ※シート¥15,000+額¥3,000)、ラッピングペーパーも販売(¥350+税)

18ishii41.jpg 山側の壁、中央部分
こちらの作品はすべて¥35,000 (シート¥30,000+額¥5,000)+税

18ishii34.jpg 「THAT EVERY SINGLE CHOICE」18ishii32.jpg「WHATEVER THE MINO SEES」18ishii33.jpg 「FROM DELiCATE AND PAST SEASON」

18ishii43.jpg 山側奧のです

18ishii24.jpg 奥の壁です

18ishii25.jpg 「HUNT AND FiND」(¥35,000+税)

小さな作品は後ほどまとめて紹介します。

海側の壁に移ります。下の3点は¥35,000 (シート¥30,000+額¥5,000)+税

18ishii23.jpg 「SOMETHING MORE THAN THAT」18ishii21.jpg 「TWO BIRDS ON MY HEAD」18ishii19.jpg 「IT's WHAT MOVES US」

18ishii10.jpg 海側の壁中央です

以下7点は¥18,000 (シート¥15,000+額¥3,000)+税
18ishii12.jpg 「MOVING HEAD FALLING BACK」18ishii13.jpg
「TWO ARMS FOR DIFFERENT RYTHEMS」18ishii14.jpg 「THE ONE I KNOW 」18ishii15.jpg 「LET YOU LEAD THE WAY」18ishii18.jpg 「EVERYTHING EXCEPT HIM」18ishii50.jpg 「MY SECRET FOR ME」18ishii48.jpg 「A FEW OF OUR STRANGERS」

18ishii11.jpg 18ishii16.jpg 「100% musique」「MUSHROOM HUNTING」(いずれも売約済)
18ishii17.jpg「WHERE IS HOME?」(¥6,000+税)

海側の続きと入口横の作品はすべて¥35,000 (シート¥30,000+額¥5,000)+税 です。

18ishii30.jpg
「CRAZY MESSY AND BEAYTIFUL」18ishii09.jpg 「SUDDENRY」18ishii51.jpg 「NOT YET!」18ishii08.jpg「A STEP FOWARD」

小さな作品を追加します。

18ishii28.jpg 「Between the lines」(売約済)

ここからはシートのみ¥5,400(税込み)の作品です。

18ishii20.jpg 「drop into」18ishii22.jpg 「You get the idea」18ishii26.jpg 18ishii27.jpg 「YOU'RE ON NEXT」/「look back on」
18ishii46.jpg 18ishii29.jpg 「at some point」/「taking away」

最後は大人気のポストカードサイズ作品(税込み ¥2,160)です。

18ishii37.jpg 18ishii38.jpg 18ishii44.jpg 18ishii45.jpg 18ishii40.jpg 今回一番人気のお相撲です

いかがでしょう、楽しんで下さいましたか?
もし気になる作品がありましたら、こちらまでご連絡下されば、メールオーダーも可能です。

こんなにたのしいイシイアツコさんの「personal reality show」も残すところあと2日。
最終日4月1日(日)は18時までですので、お見逃しのないようよろしくお願い致します。
posted by STAFF1号 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展