2017年12月01日

はにおかひさこ展「わたしの宝物」は明後日12月3日(日)18時までです

先週の火曜日11月21日から行われている、はにおかひさこ展「わたしの宝物」は、絵話塾イラストコースの卒業生・はにおかひさこ さんのVieでは3度目になる個展です。

2017honey09.jpg

内山手漉き和紙にソフトパステル(レンブラントとラウニーソフトパステルの2種を使用)で描かれた作品は、鮮やかな色彩と柔らかく暖かい風合いが魅力で、特に 150cm 四方の紙に描かれた作品は、迫力満点です。

早速会場の様子をご紹介する…のですが、実は前半と後半ではかなり様子が変わっておりまして、そのあたりもご覧下さい。まずは前半から。

2017honey01.jpg
エレベーターホールから中を見たところ

2017honey07.jpg 入口から室内を見たところ

2017honey08.jpg 山側と奧の壁です

2017honey19.jpg 奧から入口方向を見たところ

2017honry20.jpg 奥の壁の作品です

2017honey12.jpg DMの原画です

では、現在はどんな感じになっているのでしょうか? かなりすっきりしたようです。

2017honey04.jpg 入口から奥を見たところ

2017honey21.jpg 山側の壁です

2017honey05.jpg 海側の壁です

2017honey06.jpg 山側には額装作品が1点

2017honey11.jpg 一番お気に入りの作品だそうです

2017honey18.jpg 海側には150cm四方の大作が2点

2017honey22.jpg
分厚い和紙を布で毛羽立たせて、パステルで彩色しています

2017honey14.jpg 2017honey17.jpg 左の絵の一部を拡大しました

2017honey15.jpg 2017honey13.jpg 右の絵の一部を拡大しました

いかがでしょうか? この迫力ある作品をぜひ会場でご覧下さい。
お待ちしております。
posted by STAFF1号 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展

2017年11月24日

eico illustration exhibition 「dream & reality」のご報告

遅くなりましたが、去る10月31日(火)〜11月5日(日)に行っていた eicoさんの illustration exhibition 「dream & reality」のご報告を致します。ここ一月ほどず〜っとパソコン環境の調子が悪くて全然作業が出来ず、お知らせがなかなかできずに申し訳ありません。
絵話塾イラストコース第一期の卒業生で、Vieのスタッフでもあった eico さんはマイペースに創作活動を続けています。
エッチングっぽく見える作品は、ペン画をPC上でコラージュしてステンシル彩色等(発色の良いスタンプ用のインクパッド等を使用)で制作し、女の子たちのちょっとした仕草や妄想を描いています。

eico09.jpg

まずは彼女のご挨拶文から。
「dream & reality
 夢を見ます。たくさん見ます。カラーではっきり見ます。
 浅い眠りから目覚めるまで、まどろむ時間がながく続きます。
 その間に感じる風景や空気の匂いを忘れないように。
 いろんな現実といろんな夢とのあいだ。
 『ゆめうつつ』の世界を楽しんでいただけると幸いです。」

では早速展示の様子を見ていきましょう。

eico01.jpg
エレベーターホールから中を見たところ。

eico02.jpg 前室の作品と挨拶文です

eico05.jpg 『ふたり』

eico03.jpg 入口から中を見たところ

eico04.jpg 山側の壁です

eico06.jpg 奧と海側の壁です

eico07.jpg 海側の続きと入口横の壁です

では山側から詳しく見て行きましょう。

eico14.jpg 山側の壁全体です

eico08.jpg eico11.jpg eico12.jpg eico13.jpg eico44.jpg

続いて奥の壁です。

eico16.jpg 左側にはハーブのドライフラワーをディスプレイ(お洒落!)

eico15.jpg 右側には一番大きな作品2点を展示

eico17.jpg eico18.jpg
『欲望と平和』

海側の壁に移ります。

eico10.jpg 同サイズで縦横があります

eico19.jpg eico20.jpg 『お年頃』/『鳥風』

eico21.jpg eico25.jpg
『葡萄』/『木野子』

eico22.jpg

eico23.jpg 『本よみと酒呑み』

eico23.jpg 『越冬前』

eico26.jpg eico27.jpg 『たまには』(左)

eico28.jpg 『夏風』

eico29.jpg 『傘』

最後は入口横の壁です。

eico30.jpg 10cm 角の作品が並んでいます
搬入の日にご主人と二人できっしり壁に留めておられたのが微笑ましかったです。

eico31.jpg eico32.jpg eico33.jpg 以上左半分
eico34.jpg eico35.jpg eico36.jpg 以上右半分

拡大してみましょう。

eico40.jpg eico41.jpg eico42.jpg eico43.jpg
小さくても eico world がきゅっと詰まっています。

グッズも販売していました。

eico39.jpg クラフト紙のレターセット

eico38.jpg 展示作品のポストカード

eico37.jpg カラフルな缶バッジ

いかがでしょうか?
いつも女の子ならではの作品を見せてくれる eico さん、これからの活躍も楽しみです。

posted by STAFF1号 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展

2017年10月28日

WAKKUN展「土 人 器(ツチ ヒト ウツワ)」は明日までです。

先週の火曜日から始まっているWAKKUNのVieでは8回目になる個展「土 人 器(ツチ ヒト ウツワ)」。
週末になると台風がやって来るという巡り合わせで、ご来場の皆様にはご迷惑をおかけしていますが、WAKKUNも連日在廊して和やかにお客様とお話しておられます。

2017wak03.jpg

今回のテーマには、WAKKUNの深い思い入れがあるのです。
会場風景をご紹介する前にまず、そのテーマについての作品をご覧下さい。

2017WAKKUN19.jpg 2017WAKKUN20.jpg 2017WAKKUN21.jpg 2017WAKKUN22.jpg 2017WAKKUN23.jpg 2017WAKKUN24.jpg
「アメリカのプエブロインディアンの言い伝えでは
 神と母なる地球の間に生まれた子どもが 虫であり 魚であり
 草であり 花であり 狼であり 人間であり、
 あらゆる生命は 父と母との子。
 だから 父、母を敬い、兄弟仲よくしなさいと教えている。
 人間が ねん土をとる時 母なる地球に ゆるしをこう。
 あなたの身体の一部である 土は生きていて
 母さんの皮ふの一部であるから
 どーか あなたの身体の一部をとることを おゆるし下さい。
 でも、とった身体の一部から 新たな生命を ふき込むので
 ゆるして下さいと 祈りをささげるのだ。」

それでは、会場の様子を見ていきましょう。

2017WAKKUN05.jpg
エレベーターホールから中を見たところ

2017wak01.jpg 前室の展示です

2017WAKKUN37.jpg 2017WAKKUN10.jpg 前室の作品

2017WAKKUN09.jpg 入口から奥を見たところ

2017QAKKUN06.jpg 入口から山側の壁を見たところ

2017WAKKUN07.jpg 入口から奥と、海側の壁を見たところ

2017WAKKUN08.jpg 奧から入口側を見たところ

2017WAKKUN34.jpg 入口横の作品

「土人器展では 友達の劉長煒さんと AONEIさんの力を おかりしています。
 ゆっくり楽しんでいってくださいね」

2017wak02.jpg 入口横の壁です

2017WAKKUN33.jpg 壁の作品

2017WAKKUN35.jpg その下の陶芸作品

ではここから左回りに見て行きましょう。

2017WAKKUN32.jpg 2017WAKKUN28.jpg 長い和紙に墨とパステルで描いた作品
2017WAKKUN31.jpg 2017WAKKUN30.jpg2017WAKKUN29.jpg
書き初め凧に土とパステルで描いた和紙を留め付けた作品

2017WAKKUN26.jpg 大皿

2017WAKKUN27.jpg 2017WAKKUN25.jpg 奥の壁の作品です

山側の壁に移ります

2017WAKKUN18.jpg
この間の台の上に最初にご紹介したじゃばら本が展示されています。
2017WAKKUN14.jpg 2017wak04.jpg たくさんの豆皿たち

2017WAKKUN15.jpg 2017WAKKUN16.jpg 2017WAKKUN17.jpg さまざまな形と模様の器たちです

2017WAKKUN12.jpg 2017WAKKUN13.jpg
絵本「手紙」とポストカードも販売しています

10月28日(土)に行われた、AONEIさんの投げ銭ライブの様子もご紹介しましょう。

2017WAKKUN38.jpg
まずWAKKUNが、8年前にVieで行った作品展の時に、AONEIさんが会場で歌ってくれたことをお話ししてAONEIさんを呼び込み

2017WAKKUN39.jpg
AONEIさんはウクレレやハワイのパーカッションを奏でながら、ホーミーのように不思議な響きを持つ声で、ハワイや日本の歌を歌ってくれました。
会場に居たお客様は彼女の声に癒され、聞き終わった後は清々しい気持ちになりました。
VIEスタッフもすっかり気に入り、機会があればまた歌声を聞きたくなりました。
AONEIさん、ありがとうございました。





posted by STAFF1号 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展