2017年06月03日

「おはなしのはじまり展7」続きです

先日はギャラリー全体の様子をご紹介しましたが、ここでは個々のコーナーをご紹介します。
山側 → 奥 → 海側 → 入口横の壁 の順で見て行きましょう。

山側の左端、トップバッターは魚住香奈さんです。

7ohanashi14.jpg
7ohanashi22.jpg 7ohanashi21.jpg 7ohanashi20.jpg 7ohanashi19.jpg
手作り絵本「オレンジボーヤ」とその原画
7ohanashi15.jpg 7ohanashi18.jpg 7ohanashi16.jpg 7ohanashi60.jpg
美しい色彩で描かれた風景画などを展示しました。

次は山側の壁右端の にし のりほ さん。

7ohanashi25.jpg 7ohanashi26.jpg 7ohanashi29.jpg 7ohanashi28.jpg 7ohanashi27.jpg 繊細なお花の絵と
7ohanashi23.jpg 7ohanashi32.jpg 7ohanashi30.jpg 7ohanashi31.jpg
お花の手作りアクセサリーを展示販売していました。

奥と海側の壁左端は 橋本 “nakba” 扶美江さん。

7ohanashi34.jpg 7ohanashi38.jpg 7ohanashi36.jpg 7ohanashi35.jpg 「拝啓 星空のひと」7ohanashi37.jpg 7ohanashi39.jpg
「ちょうちょむすび」と「いつかゆるされるなら」7ohanashi40.jpg 「月がきれい」7ohanashi41.jpg 「ずっとむかしばなし」7ohanashi33.jpg
展示している作品のポストカードもありました。

海側の壁中央の左は はせがわ しょうこ さん。

7ohanashi43.jpg 7ohanashi44.jpg 7ohanashi47.jpg 「森のオンステージ T」7ohanashi49.jpg 「森のオンステージ U」7ohanashi45.jpg 7ohanashi46.jpg 7ohanashi42.jpg 絵本「いろいろできる」

海側の壁中央の右は ハシモト アキ さん。

7ohanashi51.jpg 7ohanashi50.jpg 7ohanashi52.jpg
7ohanashi54.jpg 7ohanashi55.jpg
「ワオキツネザル」「シンリンオオカミ」
7ohanashi56.jpg 7ohanashi57.jpg
「ホッキョクグマ」「ハシビロコウ」
7ohanashi59.jpg てまりも出品していました 7ohanashi58.jpg ポストカードも販売

海側の壁右端と入口横のコーナーは木村美幸さんです。

7ohanashi61.jpg 7ohanashi62.jpg
木村さんはいつも様々な作品を出品されます。 7ohanashi63.jpg 木口木版「ポメラニアン」
7ohanashi66.jpg 染色「花の季節」ランチョンマット
7ohanashi64.jpg 7ohanashi67.jpg
染色「春の庭に」タペストリー/サンドブラスト「すずらん」
7ohanashi68.jpg さおり織り「もうすぐ春」
7ohanashi69.jpg 同「花が咲いた」
7ohanashi65.jpg 同「ほっかほかなランチョンマット」
7ohanashi70.jpg
ステンドグラス「そよぐ風」小物入れ

6人の多彩な作品たちで埋め尽くされた「おはなしのはじまり展7」は終了しました。また来年お会い出来ますように。
posted by STAFF1号 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展

2017年05月27日

「おはなしのはじまり展7」展示のご報告

去る5月1日(月)〜7日(日)に行われた、絵話塾・絵本ゆっくりAクラス6期生の皆さんのグループ展「おはなしのはじまり展う7」。今年参加したメンバーは、魚住香奈・木村美幸・にし のりほ・ハシオト アキ・橋本“nakba”芙美江・はせがわ しょうこさんたち6人です。今年のテーマは「こびと」でした。会期は既に終わってしまいましたが、展示の様子をご紹介しましょう。

7ohanashi12.jpg

早速エレベーターを下りたところから、展示を見て回りましょう。

7ohanashi03.jpg
エレベーターホールから中を居たところ

7ohanashi04.jpg
前室の様子です

7ohanashi01.jpg
前室から中を見たところ

7ohanashi06.jpg
ハシモトアキさんが懐かしい海岸ビルヂングの時のギャラリーの扉を描いてくれました。

7ohanashi07.jpg
入口からギャラリー内を見たところ

7ohanashi02.jpg
入口から山側の壁を見たところ

7ohanashi08.jpg 入口から奥と海側の壁をのぞむ

7ohanashi09.jpg 奥から海側の壁をのぞむ

山側の壁左からぐるっと見て行きます。

7ohanashi11.jpg ぬり絵コーナーの初日
7ohanashi13.jpg ぬり絵コーナーの最終日。ずいぶん埋まりましたね。

7ohanashi24.jpg
大きなお花と一緒に撮影できる「さつえいコーナー」。こびと気分を味わえますね。

では個々のブースを見て行きましょう。

7ohanashi14.jpg 山側の左端、トップバッターは魚住香奈さん。
7ohanashi22.jpg

次は山側の壁右端の にし のりほ さん。

7ohanashi25.jpg 7ohanashi26.jpg

奥と海側の壁左端は 橋本 “nakba” 扶美江さん。

7ohanashi34.jpg 7ohanashi38.jpg 7ohanashi36.jpg

海側の壁中央の左は はせがわ しょうこ さん。

7ohanashi43.jpg 7ohanashi44.jpg

海側の壁中央の右は ハシモト アキ さん。

7ohanashi51.jpg 7ohanashi50.jpg7ohanashi52.jpg

海側の壁右端と入口横のコーナーは木村美幸さんです。

7ohanashi61.jpg 7ohanashi62.jpg

部屋の中央には手作り絵本が並び、皆さんがじっくり読めるようになっていました。

7ohanashi10.jpg 7ohanashi71.jpg 7ohanashi72.jpg

以上です。後日作品の写真を追加する予定です。
posted by STAFF1号 at 19:50| Vieの作品展

2017年05月20日

「絵話塾修了作品展 2016 → 2017」は明日までです

先週の火曜日5月9日から行われている「絵話塾修了作品展 2016 → 2017」は、いよいよ明日21日(日)の18時間までとなりました。この展覧会は、昨年春から絵話塾の「イラストじっくりコース」「絵本ゆっくりコース」「絵本わくわくコース」「イラストベーシックコース」「絵本レベルアップコース」で学んだ受講生たちの作品展です。

2016srt018.jpg

今回の参加者は、以下の皆さんです。(アイウエオ順)
■絵本ゆっくりAコース
ashimon・上田美紀子・きたむらあかね・熊坂知美・佐藤君子・じょにー・名波千惠・ぼん!・フクモトハルカ・牧野香織・松本王華・mikico
■絵本ゆっくりBコース
有賀豆・いかいまみ・岩井柚香里・こだまりえ・戸室多美子・中村一惠・濱谷和弘・原田美紀・水野宏子・森垣千恵・山本さゆり
■絵本わくわくコース
あだにやなおこ・いいだひさこ・いしかわさとみ・さわらぎさわ・SHOKO
■イラストじっくりコース
石坂智子・小野知子・カミヤマタダトシ・末竹香奈子・野弘章・田中美帆・谷口ほのか・谷口りりこ・西山美月・細井久美・前田萌・松田嘉代・三方夕季・みやもとみほこ・村上こすも・薬師神小百合・山口ちよ子
■イラストベーシックコース               
あだにやなおこ・太田幸江・kimumachi・木村純子木村寿美恵・こばやしゆうこ・千絵ちゃん。・ナカセヨーコ西田和子・HIRO.M・minmin・吉野花              
■絵本レベルアップコース                
かとうちか・coba・西原さちこ・はまだみわ・ふじいたきえ・藤平かな子・もりやすひとみ

では早速会場の様子を見ていきましょう。

2016srt04.jpg エレベーターホールから中を見たところ

2016srt005.jpg 前室の様子です

2016srt006.jpg あいさつ文

2016srt007.jpg
今回もイラストクラスのおさないまこと先生からお花が届きました。DMの絵に合わせたひまわりです。

2016srt008.jpg 入口から奥を見たところ

2016srt002.jpg 山側の壁です

2016srt001.jpg 奥と海側の壁です

2016srt003.jpg 奥から海側と入口横の壁を見たところです

山側の壁からぐるっと回ります。

2016srt009.jpg
2016srt010.jpg 2016srt012.jpg 2016srt013.jpg

奥の壁です。

2016srt014.jpg

海側の壁に移ります。

2016srt015.jpg
2016srt017.jpg

入口横の壁です。

2016srt022.jpg

中央の台の上には絵本の作品がずらっと並んでいますが、それはまた次回ご紹介します。
posted by STAFF1号 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展