2019年02月01日

ささめやゆき絵本原画展+作品展の展示風景(2)

今回の展示は地元神戸の出版社・BL出版から昨年10月に出版された絵本『まめつぶこぞうパトゥフェ』(1,728円)原画と、2月1日に発行されるリノリウム版画集『But と Or』(1,512円)に載っている版画作品をずらりと並べて展示し、オリジナルの手描き作品も数点飾っております。(絵本原画以外は販売)
先日のブログでは絵本の原画を紹介しましたが、今日はリノリウム版画集『But と Or』の原画を見ていただきましょう。

yuki91.jpg yuki93.jpg
『But と Or』は18×14cmのかわいい本。片手にのせて40pのささめやワールドを楽しむことが出来ます。
原画は本に掲載されているサイズに近い(A)タイプと倍サイズの(B)タイプがあり、それぞれ24,000円と34,500円(税抜き)で販売しています。なお、今回展示している中には作品集に掲載されていない作品もあります。
では早速見て行きましょう。※(A)(B)という記載のないものは売約済みです。

yuki25.jpg yuki26.jpg
yuki27.jpg yuki28.jpg (A)
yuki29.jpg yuki30.jpg (A)
yuki31.jpg yuki32.jpg (A)
yuki33.jpg yuki34.jpg (A)
yuki35.jpg yuki36.jpg (A)
yuki37.jpg yuki38.jpg (A)
yuki39.jpg yuki40.jpg (A)
yuki41.jpg yuki42.jpg (A)
yuki43.jpg yuki44.jpg (A)
yuki45.jpg yuki46.jpg (A)
yuki49.jpg yuki50.jpg (A)
yuki51.jpg yuki52.jpg (A)
yuki53.jpg yuki54.jpg (A)
yuki55.jpg yuki56.jpg (A)
yuki59.jpg yuki60.jpg (A)
yuki63.jpg yuki64.jpg (B)
yuki65.jpg yuki66.jpg (B)
yuki67.jpg yuki68.jpg
yuki69.jpg yuki70.jpg (A)
yuki71.jpg yuki72.jpg (A)
yuki73.jpg yuki74.jpg (A)
yuki75.jpg yuki76.jpg (B)
yuki77.jpg yuki78.jpg (A)
yuki79.jpg yuki80.jpg (A)
yuki81.jpg yuki82.jpg (A)
yuki83.jpg yuki84.jpg (A)
yuki85.jpg yuki88.jpg (A)
yuki90.jpg yuki89.jpg (B)

では最後に描き下ろしの作品をご紹介します。

yuki45.jpg yuki48.jpg

yuki61.jpg yuki62.jpg

作品は以上です。ご購入希望の方はメールフォームからご連絡ください。

続いて、1月26日に行われたイベントの様子をご覧ください。
午後4時からは幻灯会でした。

yuki94.jpg 大勢の方が来てくださいました

yuki96.jpg
まず最初にVieの村上がささめやさんをご紹介

yuki97.jpg yuki98.jpg yuki101.jpg 3本のお話を上演

yuki99.jpg
お話は、和紙に絵を描いたものを横につなげて巻物状のものを作っておられます。それをロールに装填して、回しながら行います。部屋を暗くして裏から懐中電灯を当てるとぼんやりと絵が浮かび上がって、良い雰囲気です!

yuki100.jpg 展示作品の説明もありました

幻灯会をすることになった経緯について。音楽やお芝居などのパフォーマンスをされる作家さんもおられるが、自分は何もできないので幻灯ならできるかも、と思いやり始めたとか。いつもは音楽を担当する方と一緒にされていて、「太陽がいっぱい」等をBGMにしているそう。

手作りのちいさな劇場も雰囲気があります。

yuki105.jpg 正面 yuki106.jpg 右側面 yuki107.jpg 左側面

yuki95.jpg
最後にBL出版の落合社長のご挨拶がありました。

続いて行われたサイン会も大盛況!

yuki102.jpg

お一人ずつ顔をよく見て、似顔絵まで描いてくださいました。

yuki103.jpg yuki104.jpg
宝物になりますね。

長くなってしまいました。
こんな素敵な ささめやゆき さんの作品展は、2月3日(日)18時までです。どうぞお見逃しなく!



posted by STAFF1号 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展

2019年01月30日

ささめやゆき絵本原画展+作品展の展示風景(1)

Vieの2019年は、1999年のオープン当時からラブコールを送り続けた ささめやゆき さんの絵本原画展+作品展から始まります。

yuki01.jpg

今回は地元神戸の出版社・BL出版から昨年10月に出版された絵本『まめつぶこぞうパトゥフェ』原画と、2月1日に発行されるリノリウム版画集『But と Or』に載っている版画作品をずらりと並べて展示し、オリジナルの手描き作品も数点飾られています。(絵本原画以外は販売)

それでは早速会場の様子をざっと見ていきましょう。まずはエントランスから。
※点数がたいへん多いので、何回かに分けてご紹介します。

yuki02.jpg
エレベーターホールから中を見たところ

yuki03.jpg 前室から中を見たところ

yuki04.jpg 入口から奥を見たところ

yuki06.jpg 山側の壁には絵本の原画がずらり

yuki07.jpg 奧と、海側の壁です
奧には絵本の原画、海側には版画集に収められた作品等が並んでいます。

yuki08.jpg 海側の続きと入口付近
海側と入口横には版画等が、受付横には絵本の表紙の原画があります。

個々の作品もご紹介します。

yuki09.jpg yuki11.jpg
前室にある版画の大作は『P-work』。たくさんの人が描かれています。作品に添えられた手描きのキャプションも味がありますね。

受付横の壁にあるのは絵本『スペイン カタルーニアのむかしばなし〜まめつぶこぞうパトゥフェ』(文・宇野和美/絵・ささめやゆき)の表紙です。

yuki12.jpg まめつぶのように小さい男の子のお話。

yuki13.jpg yuki14.jpg yuki15.jpg yuki16.jpg yuki17.jpg yuki18.jpg yuki19.jpg yuki20.jpg yuki21.jpg yuki22.jpg yuki23.jpg yuki24.jpg

どんなお話か分かりましたか? 他の国にも一寸法師のようなお話があるのですね。

yuki92.jpg
『パトゥフェ』以外の絵本も販売しています。

本日はここまで。次回は『But と Or』に収められた版画とオリジナル作品をご紹介します。


posted by STAFF1号 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展

2018年12月24日

太田朋さんの個展「のこりもの」は明日24日(月・振休)の18時までです

太田朋さんの個展「のこりもの」。先日は会場の様子をご覧いただきましたが、今回は個々の作品を見ていきましょう。
前室の作品は既にご紹介したので、室内のものをご覧ください。
最初は、入口横・受付近くの壁に掛けられた作品です。(価格は税抜き表記、価格がないものは売約済みです)

2018tomo49.jpg「無題」(¥25,000)

続いて、山側の壁から時計回りに見ていきましょう。

2018tomo13.jpg「ぼくは 今 ぼくになった。」

2018tomo17.jpg「ぼくは 昔 種だった」(¥10,000)

2018tomo18.jpg「ぼくは 昔 海だった」(¥20,000)

2018tomo19.jpg「ぼくは 昔 樹だった」(¥10,000)

2018tomo20.jpg「ぼくは 昔 鳥だった」
(3点で¥25,000)

2018tomo21.jpg「ぼくは 昔 オオカミだった」(¥10,000)

次に台の上を見ていきましょう。

2018tomo12.jpg Mailleさんとのコラボ作品 2018tomo22.jpg(オブジェ¥15,000、ブローチ¥4,500〜6,000)

2018tomo16.jpg 2018tomo23.jpg絵付けした陶芸作品 2018tomo14.jpg 陶芸家・劉長煒さんとコラボ 2018tomo15.jpg 価格は¥5,000〜25,000

奥の壁・左側にある作品です。

2018tomo50.jpg「無題」(¥20,000)

奧の開口部にある作品です。

2018tomo24.jpg 2018tomo25.jpg

奧の海側の壁です。

2018tomo27.jpg
「月のような 日のような」(¥30,000)
2018tomo28.jpg
「ちいさな光を届けたいのです。」(¥30,000)

2018tomo29.jpg 2018tomo30.jpg 紙のオブジェは大人気でした

海側の壁に移ります。

2018tomo32.jpg「静かな時間」(¥30,000)

2018tomo33.jpg
上「ぼくの山へおいで」(¥25,000)、下「ぼくの山」(¥20,000)

2018tomo35.jpg 2018tomo36.jpg
「静かなもの」(¥25,000)/「うごめくもの」

2018tomo37.jpg オブジェ(各¥8,000)

2018tomo39.jpg(各¥1,500〜2,000)

2018tomo41.jpg 「星の宿り」(¥25,000)2018tomo40.jpg「いつかの人たち」2018tomo51.jpg「ちいさな羽音」(¥20,000)

海側の右隅の作品です。

2018tomo43.jpg「お守り」(非売)

入口横・海側の壁には竹ペンと墨汁で描かれた、味のある線画があります。

2018tomo46.jpg 「幾多のトンネル」(¥20,000)2018tomo47.jpg 「ぼくの棚」(¥20,000)2018tomo48.jpg「ぼくが持ってゆくもの」(¥20,000)2018tomo44.jpg
これらはお一人の方にセットでお買い上げいただきました。

会期途中の14日(金)には、絵話塾での教え子・藤野翔真さんの音楽ユニット“the caves” のライブがありました。
こちらから→動画をご覧ください。

そして、22日(土)には、先月 “1003”さんで朋さんと二人展をしておられた上村亮太さんが「ひまわり仮面」になって訪問して下さいました。

2018tomo53.jpg ひまわり仮面と朋さん 2018tomo52.jpg 来られる前には礼儀正しく連絡をいただいた後、
疾風のように現れて疾風のように去って行かれました。さすがスーパーヒーロー!

ということで、たくさんのお客様に来て頂いている太田朋さんの展示も明日24日(月・振休)18時までとなりました。兵庫県美で行われている「サヴィニャック展」も明日まで。ハシゴで来られる方も多いようです。
どちらも素敵な作品展ですので、どうぞお見逃しのないようお願い致します。


posted by STAFF1号 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 「てまり」