2017年09月02日

楯川友佳子展「passage」は明日9月3日(日)の18時まで

今週の火曜日・8月29日から行われている楯川友佳子さんの個展「passage」は、初の地元開催の個展とあって連日大勢の方々にお越しいただいております。皆様お暑い中ありがとうございます。

楯川さんは神戸市生まれ、東京都在住。武蔵野美術大学短期大学部卒業後に美学校で木版画を学び、テキスタイルデザイン会社に勤務を経てイタリアに留学。現在はイラストを描いたり、家業のレストランを手伝う日々を送っておられるそう。
彼女の作品は木版画をもとに色鉛筆で加筆する技法や、木版リトグラフを使い、自宅のプレス機で制作する “版画イラストレーション” です。
2011年HBファイルコンペ副田高行特別賞。2012, 2016年ギャラリーハウスMAYA装画コンペ準・MAYA賞。

passage08.jpg

今回は、2016年3月〜今年1月まで毎日新聞日曜版別刷「日曜くらぶ」に連載していた井上荒野氏の小説『その話はやめておきましょう』の挿絵に使われた原画を中心に、オリジナル作品も展示しています。

passage09.jpg

では早速展示の様子を見ていきましょう。

passage03.jpg
エレベーターホールから中を見たところ。

passage04.jpg
前室からギャラリー内を見たところ。

passage12.jpg 『passage』(¥30,000)※すべて税抜価格

passage13.jpg 『BIRTHDAY』(¥15,000)

passage14.jpg 『花雨』(¥15,000)

それでは中へ入ってみましょう。

passage01.jpg 入口から奥を見たところ。
passage06.jpg 入口から山側の壁を見たところ。
passage07.jpg 奧と、海側の壁を見たところ。
passage02.jpg 奧から入口側を見たところ。

まずは『その話は今日はやめておきましょう』の挿し絵の原画が並びます。

passage15.jpg passage16.jpg passage17.jpg passage18.jpg
挿絵の原画は展示作品35点、ファイルに入れた11点+5点を見ることが出来ます。(各¥40,000)

少し詳しく見て行きましょう。

passage19.jpg passage20.jpg passage21.jpg passage22.jpg passage23.jpg passage24.jpg passage25.jpg passage26.jpg passage27.jpg passage28.jpg passage29.jpg passage32.jpg passage31.jpg passage33.jpg passage10.jpg
passage34.jpg passage47.jpg
さまざまなシーンを描いた絵があり、見ているとどんな話だろうと想像がふくらみます。
木版の木目を縦に使うと雨のように見えたり、横に使うと空の拡がりを感じたり…奥行きの深い作品です。

続いては挿し絵以外のオリジナル作品を見て行きましょう。(価格のない物は売約済みです)

passage43.jpg 『ヴァニエフの庭 ことば』(¥35,000)
この作品は受け付け横の壁に飾られています。

passage41.jpg 海側の壁の作品たち。

passage36.jpg
『峡谷の一夜』/『少年』(いずれも¥30,000)
passage37.jpg
『一節』(¥20,000)/『航海』
passage38.jpg passage35.jpg
左上から『汀』『paper plane』(いずれも¥15,000)/『紫陽花』

最後は入口横の壁です。

passage42.jpg 大小の額絵とグッズが並びます。

passage39.jpg
左から『室内』『hat』(いずれも¥15,000)/『アザミ』(¥8,000)

passage40.jpg
左から『早春の仔馬』『少年』『かしこい子犬』

passage44.jpg 入り口横の台の上です。
ポストカード(¥150)、無地ノート(¥300)など。

passage45.jpg 
過去展示冊子『rain』『風、まなざし』(いずれも¥800)

passage46.jpg
今回の展示作品を栞にし、お客様のご来場記念に用意されているので、皆さん喜んで持って帰られています。

ここまでご紹介してきましたが、版画イラストレーションの繊細さや木目と紙の風合いは画像では計り知れない魅力があります。ぜひ会場へ足を運んで、原画をよ〜くご覧下さい。お待ちして下ります。

posted by STAFF1号 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展

2017年08月22日

公募展「Cats & Dogs 大集合」、ホンマに大集合です!

先週の木曜日・17日から始まっているGallery Vie 恒例夏の公募展。今年は「Cats & Dogs 大集合」というテーマで募集したたところ、これまでで最高の118名・143点の応募がありました。搬入が遅れていた作品もすべて届き、ギャラリーの隅々まですっかりネコちゃんやワンちゃんで埋め尽くされております。
参加者の方々には、たくさんの作品を展示するためギュウギュウづめになっていることをお詫びします。そして見に来て下さる方々には、ご来場のタイミングで混み合う場合があり、その時にはゆっくりご覧いただけないかもしれませんので、あらかじめご了承下さい。

cad011.jpg

それでは会場の雰囲気をご紹介しましょう。

cad001.jpg
エレベーターホールから中を見たところ。

cad002.jpg
前室からギャラリー内を見たところ

cad003.jpg
前室の展示です。WAKKUN、市居みかさん、オオヤマネコさんの作品です。

cad004.jpg
入口からギャラリー内を見たところ

それでは時計回りに見て行きましょう。

cad005.jpg
山側の壁と、奥の開口部付近です。

cad006.jpg
奥と、その続きの海側の壁です。

cad010.jpg
海側の壁、中心部分。

cad007.jpg
奥から入口側を見たところ。海側の続きと入口左右の壁、上から吊ってある作品もあります。

週末にはイワイサチコさんとタカハシカナコさんが「イヌネコ似顔絵屋」を行っています。

cad009.jpg cad008.jpg
一人10分程度で500円。モデルを犬や猫に見立てて描いてくれます。楽しい!

今日はここまでです。後日もう少し詳しく作品をご紹介します。


posted by STAFF1号 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展

2017年07月15日

ダテカヨコ作品展「Summer Letter」は17日(月・祝)までです

開催中のダテカヨコ作品展「Summer Letter」は、3連休最後の17日(月・祝)まで行っています。残すところあと2日になりましたが、作品の一部をご紹介しましょう。
※価格は全て税抜き表記、金額のないものは現時点で売約済みのです。

ギャラリーの前室に飾ってあるのは大きめの額装作品と、銅のフレームに入った小さな作品です。

17date069.jpg (No.47 ¥30,000)

17date066.jpg 17date068.jpg (No.46タイプ ¥12,000)

17date057.jpg (No.48 ¥5,000)

ギャラリー山側には透明水彩で描かれた平面作品と、絵から抜け出したような木のオブジェがあります。

17date033.jpg (No.1 ¥30,000)17date034.jpg (No.10:2個セット ¥14,000)17date036.jpg (No.4 ¥24,000)17date037.jpg (No.12)

17date045.jpg (No.9 ¥24,000)17date046.jpg (No.17:2個セット ¥14,000)

17date041.jpg (No.8 ¥26,000)17date042.jpg (No.16:5個セット ¥15,000)

もちろん平面のみ・立体のみの作品もあります。


17date043.jpg (No.5:DMの原画 ¥65,000)17date044.jpg (No.2 ¥24,000)17date035.jpg (No.11) 17date038.jpg (左:No.13 ・右:No.14 ¥4,000)

奥の壁・左側には、美しい真鍮のフレームに入ったツートーンの小品が並んでいます。

17date047.jpg (No.21 ¥24,000)17date048.jpg (No.24)17date049.jpg (No.19)

奥の右側の壁には大きめのフレームが並びます。

17date002.jpg (No.25)17date050.jpg (No.26 ¥26,000)17date051.jpg (No.27 ¥23,000)17date052.jpg (No.29 ¥23,000)

海側の壁に移ります。

17date053.jpg 17date055.jpg (No.31、No.34 ¥40,000)
17date054.jpg (No.39 ¥23,000)

海側の壁・右部分にはかるた風の木札(非売)と、グッズが並びます。

17date001.jpg 全体 17date058.jpg 17date059.jpg 17date060.jpg 4.5cm角の木札の表裏にひらがなと絵がそれぞれ描かれています。こんなおもちゃがあったら、ひらがなもすぐ覚えそう!

17date031.jpg 17date032.jpg (NO.40タイプ:銅・錫・真鍮製オブジェ ¥9,000 ※クマは売約済)

入口横の壁にも作品があります。

17date061.jpg (No.42 ¥26,000)17date063.jpg (No.44 ¥20,000)17date065.jpg (No.45 ¥26,000)

モビールは画像では分かりにくいかもしれませんが。

17date015.jpg (No.41タイプ ¥13,000)

作品の紹介は以上で、以下のグッズは税込み価格です。

17date027.jpg 木に彩色したブローチは¥1,944 17date004.jpg 七宝のブローチは¥3.024 17date028.jpg
手作りミニ本は上¥1,620と下¥1,458 17date026.jpg 手ぬぐいは¥1,296 17date030.jpg ポストカードは¥162

いかがでしたか?この展示は明日17日の18時までです。
近くの神戸港では開港150年記念のイベントもありますので、連休最終日はぜひ神戸元町の Gallery Vie へお越し下さい。

posted by STAFF1号 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Vieの作品展